メールマガジン

【9月2日「第4回日韓未来対話」閉幕】 「第4回日韓未来対話」で何が語られたのか/ 日韓未来対話を終え、中心的な役割を果たした3氏に今回の対話について聞きました 他

このエントリーをはてなブックマークに追加


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■■ 言論NPO メールマガジン
■■■■ 2016年9月3日
■■■■ 発行:認定NPO法人言論NPO<http://www.genron-npo.net/>

【Topics】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【9月2日「第4回日韓未来対話」閉幕】
「第4回日韓未来対話」で何が語られたのか/
 日韓未来対話を終え、中心的な役割を果たした3氏に今回の対話について聞きました 他

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

平素は言論NPOの活動にご理解とご支援を賜り、誠にありがとう
ございます。

さて、ソウルで開かれていた「第4回日韓未来対話」は全てのプロ
グラムを終了し、無事に閉幕いたしました。

今回の対話には、日韓両国の識者30氏が参加し、会場には200人を超
える聴衆が見守る中、開催されました。
その中で工藤は、「日韓関係を考えていくと、やはり最後には『世
論』という問題に行き着く。日韓両国が課題を解決するためには、
お互いの国民が当事者として考えないと、課題解決のために国家を
動かすバックアップにならない」と述べるなど、世論の重要性を強
調しました。

その他、参加者は今回の対話で何を語ったのか。報告記事を掲載し
ましたので、ぜひご覧ください。

▼第1セッション「日韓両国民の相互認識における変化と継続性」
 http://www.genron-npo.net/world/archives/6350.html

▼第2セッション「アジアの未来と日韓関係の役割」
 http://www.genron-npo.net/world/archives/6352.html

▼レセプション報告
 http://www.genron-npo.net/world/archives/6354.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【言論スタジオ番外編】
「課題解決に向けて真剣に対話ができるプラットフォームに」
~「第4回日韓未来対話」の中核メンバーが語る今回の対話とは~

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

9月2日、ソウルで開催されていた「第4回日韓未来対話」が閉幕し
た。世論調査をベースに日韓両国の相互理解や、北東アジアの平和に
ついて、両国間で考えていく課題解決型の対話を目指して立ち上がっ
た対話も今年で4回目を迎えた。
今回の対話で中核的役割を担った3氏は、今回の対話を通じて何を感
じたのか。
全てのプログラムを終え、今回の対話を振り返ってもらった。

参加者:
 小倉和夫(国際交流基金顧問、元駐韓国大使)
 添谷芳秀(慶応義塾大学法学部教授)
 藤崎一郎(上智大学国際関係研究所代表、元駐米国大使)
司会者:工藤泰志(言論NPO代表)

▼座談会の模様はこちら
 http://www.genron-npo.net/world/archives/6355.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【パネリストインタビュー】
 「第4回日韓未来対話」を振り返って

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今回の「第4回日韓未来対話」には、日本と韓国を併せて約30氏の
方にご参加いただきました。パネリストの方々は、今回の対話を振り
返って何を感じたのか。また、今後の日韓関係についてどのように考
えているのか。
レセプションの合間を見つけて、何人かにインタビューを行いました。

▼「日韓関係を語る上で重要なことは、過去と将来の両面から議論すること」
 藤崎一郎(上智大学国際関係研究所 代表、前駐米国大使)
 http://www.genron-npo.net/world/archives/6353.html

▼「日韓の友好、発展のために、自分なりの立場で貢献を」
 中谷元(衆議院議員、前防衛大臣)
 http://www.genron-npo.net/world/archives/6353-2.html

▼「経済と教育を成り立たせながら、民間対話の継続を」
 青木照護(日本青年会議所副会頭、株式会社ノーリツイス代表取締役社長)
 http://www.genron-npo.net/world/archives/6353-3.html

▼「継続は力なり」を実感できる対話の舞台
 山本和彦(森ビル株式会社特別顧問)
 http://www.genron-npo.net/world/archives/6353-4.html

▼「共通利益と相違について理解が進んできた日韓関係」
 德地秀士(政策研究大学院大学政策研究院シニア・フェロー、元防衛審議官)
 http://www.genron-npo.net/world/archives/6353-5.html

▼「ゆっくりではあるが、日韓両国関係は深まり改善していく」
 池畑修平(NHKソウル支局長)
 http://www.genron-npo.net/world/archives/6353-6.html

▼「若い世代の交流が進めば、韓日関係は絶対によくなると確信している」
 金泰榮(韓国戦争記念財団理事長、第42 代国防長官)
 http://www.genron-npo.net/world/archives/6353-7.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

       「第4回日韓共同世論調査結果」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

言論NPOと東アジア研究院は7月20日、第4回日韓世論調査の結
果を発表しました


調査の結果、日韓両国民の相手国に対する印象は、「悪い」との回答が
日本人で44.6%(前年52.4%)、韓国人で61.0%(同72.5%)と依然良く
ないものの減少し、現在の日韓関係を「悪い」と考える人の割合が日韓
双方で減少したことと合わせ、2013年の調査開始以来、悪化傾向にあっ
た相互認識や日韓関係の評価に、初めて改善傾向が見られました。

一方で、「自国の将来にとって、最も重要な国や地域」は、日本人では
「アメリカ」との回答が6割を超えましたが、韓国人は「アメリカ」よ
りも「中国」との回答が多く、日韓で認識の差が見られます。
「自国に対する軍事的脅威」についても、双方で8割を超えた「北朝鮮」
に次ぎ、日本人の72.8%が「中国」を挙げたのに対し、韓国人では「日本」
が37.7%、「中国」との回答は36.0%と、日韓で食い違いが出ています。

なお、言論NPOウェブサイトでは、調査結果の詳細に加え、調査結果に
対する言論NPO代表・工藤の論考を掲載しています。

▼「第4回日韓共同世論調査」結果詳細
http://www.genron-npo.net/world/archives/6313.html

▼日韓両国の国民感情が改善に向かい始めた背景に何があるのか
~「第4回日韓共同世論調査結果」から読み解く~ (言論NPO代表・工藤泰志)
http://www.genron-npo.net/world/archives/6314.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  言論NPOは、FacebookやTwitterでも情報を発信しています

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

言論NPOではFacebookやTwitterを使った情報発信を積極的に行っています。
また代表工藤も発信しております。お気軽に『コメント』などお寄せ下さい。
また、『いいね!』『フォロー』『シェア』『リツイート』大歓迎です!

▼代表・工藤のFacebookページはこちら
 http://www.facebook.com/kudo.yasushi
▼代表・工藤のTwitterはこちら
 https://twitter.com/yasushi_kudo
▼言論NPOのFacebookページはこちら
 http://www.facebook.com/GenronNPO
▼言論NPOのTwitterはこちら
 https://twitter.com/GenronNPO


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

発行者 (認定)特定非営利活動法人 言論NPO事務局
URL http://www.genron-npo.net
Mail info@genron-npo.net
〒103-0027 東京都中央区日本橋1-20-7
電話 03-3548-0511  FAX 03-3548-0512

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このエントリーをはてなブックマークに追加

言論NPOの活動は、皆様の参加・支援によって成り立っています。

寄付をする

Facebookアカウントでコメントする


ページトップに戻る