日本の課題を考える

2010年参議院選挙 候補者アンケート
候補者の回答内容を選挙区・比例区ごとに全て公開します 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 私たち言論NPOでは、日本の政治が、この国が抱える課題の解決に取り組み、未来に向かって競争を始めてほしいとの考えから、今回の選挙の立候補者に対して以下のアンケートを行うことといたしました。代表的な候補者約200名から回答を得ることができ、その全結果を公開いたします。

 ⇒ 実施したアンケートはこちら

  北海道
 
        青森  
      秋田 岩手
      山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡   山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城  
  熊本 大分   広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
  鹿児島 宮崎           和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
          愛媛 香川
沖縄         高知 徳島




100706_00.jpg
⇒比例区のアンケート結果はこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加

言論NPOの活動は、皆様の参加・支援によって成り立っています。

寄付をする

Facebookアカウントでコメントする

Facebookアカウントがない人はこちらからご投稿下さい。

コメントする

この記事に[ 1件 ]のご意見・ご感想があります

投稿者 / 川田誠一2010年7月 8日 19:17

タレント候補を憲法9条も判らず、人気・知名度だけで、
当選させたっら、年間6500万(秘書手当て含む)の税金の無駄使いだ。6年で、39000万のの税金の無駄使いと、、人気で投票したら、下位の何名かが、これまた年間6500万の、税金泥棒に、値する、無駄な議員を作る。
参院の比例選は、即刻廃止し、定員も1/2に
減らすべきだ。
衆院も含め全国会議員の給料は月給制をやめ、日給制にし、25%カットを実行しろ、
民間サラリーマンは20%、以上収入ダウンしてる。無駄な公務員は1/3からmax1/2で、
運営出来る。国債発行は禁止し、税収だけで
予算組んで実行せよ。

初めての方へ

「日本の課題を考える」の考え方、活動例

財政破綻の回避や急速な少子高齢化への対応といった日本が直面する課題に対して、今の政治は本質的な解決策から逃げている状況です。言論NPOは、政治家を選ぶ有権者の側が、この国の未来に対する当事者意識を備えなければいけないという考えのもと、政権や政党の政策が課題に向かい合うものになっているかどうかを定期的に評価し、有権者に判断材料を提供しています。

また、日本の将来像を見据えた政策を有権者の立場に立って議論し、政治に提案する取り組みの実現を目指しています。

アクセスランキング

  1. 「東京会議」プレ企画「代表制民主主義は信頼を回復できるのか」 第1セッション「代議制民主主義の危機をどう見るか」報告
  2. 18年目も設立当初のミッションに立ち返り、言論NPOは挑み続けます ~17周年記念パーティー報告~
  3. 第4回アジア言論人会議 セッション1「アジアの民主主義は信頼を取り戻せるのか」
  4. 第4回アジア言論人会議 セッション2 「アジアの民主主義の目指すべき姿とは」
  5. 「東京会議」プレ企画「代表制民主主義は信頼を回復できるのか」 第2セッション「民主主義への信頼をどう取り戻すのか」報告

言論NPOは多くの方のご支援や協力に支えられています

カテゴリー一覧

ソーシャルでつながる

言論ブックショップ

未来選択:マニフェスト評価専門サイト

東京-北京フォーラム公式サイト

エクセレントNPO


ページトップに戻る