日本の課題を考える

9党政調会長にマニフェストを問う「結局、何を約束するのですか」
【自民党:石破茂政務調査会長】

このエントリーをはてなブックマークに追加
 言論NPOでは、今回の選挙で国民に対し説明するべき政策は何か、各党のマニフェストの真意に迫るため、代表工藤が自民党の政務調査会長の石破茂氏にインタビューを行ないました。
 その模様を原則未編集で公開いたします。参議院選挙まで残り1週間。投票の一つの判断材料としてご覧いただければ幸いです。

⇒ 文章版はこちら (動画を編集しています)

自民党 石破茂政務調査会長

(1)

自民党は本当に生まれ変わったのか

 民主党政権の9カ月間を「偽りの9カ月間」だったと断ずる石破氏。では、野党となった自民党はこの間何を思い、何を変えようとしたのか。古い体質は本当に変わったのか。271項目にわたる自民党マニフェストを読み解きながら、工藤が自民党の「いま」に迫ります。


(2)

「経済活性化」のために自民党は何をするのか

 どんな政党も、いまこの国が直面する課題から逃げることはできません。経済が低迷する中で、自民党としてどんな策を打っていこうと考えているのか。民主党政権の方針との違いにも触れつつ、工藤が迫ります。


(3)

「未来に責任を持つ政治」とは

 かつて自公政権は消費税増税に関してデフレ経済がある程度回復することを条件につけていましたが、自民党は今回の選挙の公約として消費税増税を訴えています。果たしてそこにどんな決断があったのか。「未来への責任」をキーワードに、政治が問わなければならない本質的な課題について、激しい議論が展開されます。


(4)

自民党にとって「マニフェスト」とは何か

 マニフェストは、国民との約束を軸とした政治を動かすための「国民のための」道具です。自民党としてそのマニフェストをどのように位置付けているのか。「政治とカネ」の問題にも触れつつ、工藤が迫ります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

言論NPOの活動は、皆様の参加・支援によって成り立っています。

寄付をする

Facebookアカウントでコメントする

Facebookアカウントがない人はこちらからご投稿下さい。

コメントする

初めての方へ

「日本の課題を考える」の考え方、活動例

財政破綻の回避や急速な少子高齢化への対応といった日本が直面する課題に対して、今の政治は本質的な解決策から逃げている状況です。言論NPOは、政治家を選ぶ有権者の側が、この国の未来に対する当事者意識を備えなければいけないという考えのもと、政権や政党の政策が課題に向かい合うものになっているかどうかを定期的に評価し、有権者に判断材料を提供しています。

また、日本の将来像を見据えた政策を有権者の立場に立って議論し、政治に提案する取り組みの実現を目指しています。

アクセスランキング

  1. フランスでのG7首脳会議に向けたメッセージ
  2. 我々の価値観は何か、ということを考える時期に来ている~「東京会議2019」公開フォーラム第1セッション報告~
  3. 「リベラル秩序と多国間主義の未来-G7・G20に問われた役割-」公開フォーラム第2セッション報告~
  4. 「北東アジアの平和をどう実現するか-米朝会談と米中対立の影響をどう見るか-」3月4日非公開セッション報告
  5. 「モーニング・フォーラム/ゲストスピーカー加藤勝信氏(自由民主党総務会長)」報告

言論NPOは多くの方のご支援や協力に支えられています

カテゴリー一覧

ソーシャルでつながる

言論ブックショップ

未来選択:マニフェスト評価専門サイト

東京-北京フォーラム公式サイト

エクセレントNPO


ページトップに戻る