日本の課題を考える

「次の選挙で問わるエネルギー政策とは」アンケート集計結果

このエントリーをはてなブックマークに追加

問1. 2012年9月、政府は、「原発に依存しない社会の一日も早い実現」、「グリーンエネルギー革命の実現」、「エネルギーの安定供給」の3つを柱とするに「革新的エネルギー・環境戦略」決定しました。この戦略によって日本のエネルギー政策の今後の道筋が示されたと思いますか。 【単数回答、N=89】

その理由をお聞かせください。   ⇒回答ページへ


問2.あなたは、原子力発電所についての今後について、どのような考えをお持ちですか。【単数回答、N=89】


問3. あなたは、次の選挙で、政治家や政党はエネルギー政策について何を明らかにしなければならないと思いますか。 【単数回答、N=88】

その理由をお聞かせください。   ⇒回答ページへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

言論NPOの活動は、皆様の参加・支援によって成り立っています。

寄付をする

Facebookアカウントでコメントする

Facebookアカウントがない人はこちらからご投稿下さい。

コメントする

初めての方へ

「日本の課題を考える」の考え方、活動例

財政破綻の回避や急速な少子高齢化への対応といった日本が直面する課題に対して、今の政治は本質的な解決策から逃げている状況です。言論NPOは、政治家を選ぶ有権者の側が、この国の未来に対する当事者意識を備えなければいけないという考えのもと、政権や政党の政策が課題に向かい合うものになっているかどうかを定期的に評価し、有権者に判断材料を提供しています。

また、日本の将来像を見据えた政策を有権者の立場に立って議論し、政治に提案する取り組みの実現を目指しています。

アクセスランキング

  1. 3/3(日)開催 世界10カ国で米中対立の行方と国際秩序の今後を議論する「東京会議」オープンフォーラム
  2. 北東アジア地域に多国間対話の舞台をつくり出す一歩に~「日米中韓4カ国対話」報告~
  3. 戦後70年を経て疲弊したシステムを日米両国が再構築し、主権国家としての責任を果たす局面に~「日米対話」第1セッション報告~
  4. 北東アジアの平和秩序実現に向けて、足元を固めつつ将来にも目を向けた議論を~「日米対話」第2セッション報告~
  5. 「第6回エクセレントNPO大賞」表彰式 報告~大賞は「がんサポートコミュニティー」

言論NPOは多くの方のご支援や協力に支えられています

カテゴリー一覧

ソーシャルでつながる

言論ブックショップ

未来選択:マニフェスト評価専門サイト

東京-北京フォーラム公式サイト

エクセレントNPO


ページトップに戻る