言論スタジオ

日本のメディアの原発報道をどう評価するか

このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年7月22(金)収録
出演者:
武田徹氏(ジャーナリスト)

司会者:
工藤泰志(言論NPO代表)



 7月22日、言論NPOは、言論スタジオにてジャーナリストの武田徹氏をゲストにお迎えし、「原発報道とメディア」をテーマに対談を行いました。


 まず武田氏は、それぞれのメディアが真実を伝えるという使命を果たそうとしていたことに敬意を評しつつも、「原発報道独特の難しさがあり、防護服が着用しなければならないなど、マスメディアは自前の取材はできる状況ではない」と指摘。政府や東電の発表を解説するところからはじめざるを得なかったという意味で、マスメディアの限界が明らかになったと述べる一方で、ネットメディアにも正確さなどの課題があり、「それぞれに弱さが見えてきた」としました。
 また、政府やメディアによる報道がスピーディになされなかったことについても、「知識の不足によって伝えられなかった場合もあるが、知識があっても発表することの被害を判断したという場合もあるだろう」と述べ、単純化して判断することの危険性を強く訴えました。

 そして、代表工藤が「今回の放射能汚染で、これまで安心していたものが全部不安になり、暫定値を出してもそれ自体を信じることができない不安な状況になってしまった。メディアはこうした不確実なものをどう評価し、どう報道するべきなのか」と問題提起すると、武田氏は、「もう少し冷静になって科学的なアプローチをする余地はある」とした上で、「それでも、どうしてもわからない領域は残る」と指摘。情報の受け手側としては、発言者の立場と紐付けすることによってその言説に対する評価を変えていくといった小さなことを積み重ね、それぞれが自らのリテラシーを上げる努力が必要ではないかとしました。
 一方で、「危ないか/危なくないかといったその場その場の報道で、「グレーゾーン」の正しさを競うのではなくて、その先にある現実をどうケアできるかということに重点化して伝えるべきではないか」と述べ、流れの中で報道することの必要性を語りました。

 さらに、日本の原子力政策の歴史の中で初めて「脱原発」ということが現実的なアジェンダとして出てきたことについては、「日本の原子力政策に句読点を打つことは必要」とする一方で、「「脱原発」を本当に実現したいのであれば、その目的を実現するための手段を明確に議論しなければならない。そのための時間が必要であり、単純な二項対立に陥ってはいけない」と強調しました。
 また、「これまで原子力というものに対して問題意識を持っていなかったが、原発がある国に生きている者としては、もう少し原発とはどういうものか、その技術的な文脈に自覚的でなければならないと思う」と述べて受け手側としての市民の側の変化に触れると同時に、伝える側についても、「本当に伝えるべきことがあれば、伝えるために自らが動いていかなければならない」と述べ、そうした気概を持つライターが増えるべきだとしました。

 最後に代表工藤は、「メディアも変化が問われているが、一方で受ける市民の側の変化も重要。そこに緊張感が生まれるかどうか、日本の社会が問われている局面だと思う」と述べ、対談を締めくくりました。

議論の全容をテキストで読む    

1 2 3 4 
このエントリーをはてなブックマークに追加

言論NPOの活動は、皆様の参加・支援によって成り立っています。

寄付をする

Facebookアカウントでコメントする

Facebookアカウントがない人はこちらからご投稿下さい。

コメントする

この記事に[ 1件 ]のご意見・ご感想があります

投稿者 / 飯塚孝一2013年3月10日 16:36

原発自体の将来性が、「グラスにいい調子でワインを注ぎ込んでいって、一滴でもこぼれたら一気に危うくなる」みたいな恐るべき危険性をはらむのではないか?原発の無制限で野放図な拡大一方の使用を「この世とあの世の双方を構成する、物質という存在とエネルギーという二つの存在の量的バランス」という話から再検討すべきでないのか?という話もあるようなのに、メディアはぜんぜん触れない(触れさせない?)のですけれど、それとは別に「福島の原発」についてですが、私は素人ながら、2010年に出ていた雑誌の技術系記事などから推察すると、どうやら福島の「マークワン型原発」という製品もまた、「なぜか、正常な原発の、比較的単純な設計コンセプトとは上下逆の複雑怪奇設計とされている不思議な設計」である様子なことも、メルトダウンを生じるのに大きな一役を買ったのは明白に見えます。ここらについても、まずは力のある大手メディアあたりからして、イヤミなほど大上段からガンガン触れまくって欲しかったですね。ケーブルテレビならやるかな?とか思ったが、結局ケーブルも触れませんでしたから、相当な緘口令の力を感じさせられるのみでした。
上下逆というのは、ようは、冷却用の冷水は下から原子炉に入り、それが熱されて蒸気になって、自然と外部に出てゆく。これなら「ポンプ」は必要ないわけです。実際、原子力潜水艦用の原子炉というのは、こういう単純設計でポンプを使わず冷却水を還流させてるそうです。ところが、察するに福島の原発は、謎の理由から上下逆設計なので、冷水を上から注いで蒸気を下から出す。すると、どうしてもポンプを使ってじゃあないと、エネルギー生産と冷却プロセスが逆流・停止する。上下逆設計ということは、なぜか緊急炉心停止に用いる「核反応制御棒」も、炭素を主体とした非常に思いナイフみたいなものだそうですが、それを異常反応し始めた炉心に突き刺すにあたり、常識的には、あらかじめ上から吊るしてあるものを、重力を用いて炉心に突き立てるわけです。ところが、福島の原発では、なんと下から上に、「動力ジャッキ」で持ち上げて炉心に突き刺す設計になっていた。そして、この「制御棒と機力ジャッキの話」が、ぜんぜん報道から出なかったのは不審でならない。いったい、メルトダウンを生じる前に、制御棒はちゃんと炉心に挿入されたのか?とかの疑問もあるわけです。ここらは、ウヤムヤの幕や壁に過ぎて、福島での事件はもとより、今後の類似事件の再発の資料にも役立てるつもりが無いんじゃないか?と、私あたりは慙愧の念に耐えない。

初めての方へ

「言論スタジオ」とは

言論NPOでは日本が直面する様々な課題について、有権者に判断材料を提供したり、様々な情報を共有する目的で、週に1回「言論スタジオ」と題したインターネット中継による議論を行っています。
その時々の重要テーマに関する有識者を複数名お招きし、アンケートの結果を踏まえながら、課題の本質に切り込む議論を行います。動画に加え、議論の内容はテキストでも公開されメールにより約7,000人の有識者に直接届けられています。

アクセスランキング

  1. 【座談会】「トランプ政権と北朝鮮問題」もはや核開発阻止は無理、米国が目標を変えたとき何が起こる?
  2. 【言論スタジオ】自由貿易体制の行方(上)やはりトランプ氏は自由貿易体制の脅威
  3. 【言論スタジオ】自由貿易体制の行方(下)日本がリーダーシップを発揮する好機
  4. 【言論スタジオ】イタリアG7の評価とは(上)逆説!トランプ登場で活性化した問題意識
  5. 【言論スタジオ】イタリアG7の評価とは(下)市民目線で課題を把握し始めた

言論NPOは多くの方のご支援や協力に支えられています

月別アーカイブ

ソーシャルでつながる

言論ブックショップ

未来選択:マニフェスト評価専門サイト

東京-北京フォーラム公式サイト

エクセレントNPO


ページトップに戻る