言論スタジオ

日本の民主主義を考える

このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年10月4日(木)収録
出演者:
増田寛也氏(野村総合研究所顧問)
武藤敏郎氏(大和総研理事長)
宮内義彦氏(オリックス株式会社 会長兼グループCEO)

司会者:
工藤泰志(言論NPO代表)



放送に先立ち行ったアンケート結果を公表します。ご協力ありがとうございました。


121004_top.jpg
 決められない政治またはマニフェストの形骸化など、課題解決を先送りする政治状況が続いている。民主党、自民党の党首選を終え、次の選挙が予想される中で今日の民主主義の問題とその解決策について、言論NPOのアドバイザリーボード3人が話し合った。

 日本の民主主義は、ぶれやすい民意と、それに応えようとポピュリズム化する政治家、形骸化しつつある制度に問題があると指摘された。そうした状況からもう一度、代表制民主主義を機能させるために、有権者が当事者意識を持ち、政党のガバナンスを監視し、マニフェストを軸とした政治を機能させる必要があるとの見解が示された。

議論の全容をテキストで読む     

1 2 3 4 5 
このエントリーをはてなブックマークに追加

言論NPOの活動は、皆様の参加・支援によって成り立っています。

寄付をする

Facebookアカウントでコメントする

Facebookアカウントがない人はこちらからご投稿下さい。

コメントする

初めての方へ

「言論スタジオ」とは

言論NPOでは日本が直面する様々な課題について、有権者に判断材料を提供したり、様々な情報を共有する目的で、週に1回「言論スタジオ」と題したインターネット中継による議論を行っています。
その時々の重要テーマに関する有識者を複数名お招きし、アンケートの結果を踏まえながら、課題の本質に切り込む議論を行います。動画に加え、議論の内容はテキストでも公開されメールにより約7,000人の有識者に直接届けられています。

アクセスランキング

  1. 「第14回日中共同世論調査」結果を公表しました
  2. 【座談会】「第14回日中共同世論調査をどう読み解くか」~4人の専門家と議論しながら、調査結果の背景に迫ります~
  3. 【論考】第14回日中共同世論調査の読み解き方/工藤泰志(言論NPO代表)
  4. 各分科会の内容、パネリストが決定!日中両国から徐麟国務院新聞弁公室新主任や中国の最先端のIT,ネット企業等約90氏が来日
  5. モーニング・フォーラム「国会改革で何を実現しようとしているのか」/ゲストスピーカー 小泉進次郎氏、小林史明氏、村井英樹氏、山下貴司氏 報告

言論NPOは多くの方のご支援や協力に支えられています

月別アーカイブ

ソーシャルでつながる

言論ブックショップ

未来選択:マニフェスト評価専門サイト

東京-北京フォーラム公式サイト

エクセレントNPO


ページトップに戻る