言論外交の挑戦

東アジアの安定と繁栄のために / 河合 正弘(アジア開発銀行研究所 所長)

このエントリーをはてなブックマークに追加

河合正弘氏 河合 正弘(かわい・まさひろ)
1971年東京大学経済学部卒業。78年スタンフォード大学経済学博士。ブルッキングス研究所リサーチフェロー、ジョンズ・ホプキンス大学経済学部准教授、東京大学社会科学研究所教授を歴任。98~2001年世界銀行東アジア・大洋州地域チーフエコノミスト。01~03年財務省副財務官・同財務総合政策研究所長。05年アジア開発銀行総裁特別顧問。07年より現職。

1.はじめに

 東アジアを取り巻く安全保障環境はきわめて不安定化しつつある。中国は軍備拡張を背景に海洋進出を本格化させ、東シナ海や南シナ海での領有権問題で周辺諸国との間での緊張を高めている。とりわけ、中国は日本政府による尖閣国有化以降、周辺海域に公船を派遣するだけでなく、海軍の艦船による海上自衛隊の護衛艦への射撃用のレーザー照射を行うなど事態を緊迫化させている。中国は、南沙諸島や西沙諸島など南シナ海でも強硬な姿勢を示し、ベトナムやフィリピンとの間で緊張を高めている。

 日中間の対立が深まる中で、北朝鮮は長距離弾道ミサイルの発射成功に続き、第3回目の核実験を実施し、朝鮮半島のみならず、東アジア全体の平和と安全を脅かしつつある。北朝鮮の核兵器が米国本土を射程に入れただけでなく、韓国と日本は直接的な脅威にさらされており、韓国に向けた局地的な紛争から朝鮮半島有事という事態に発展する可能性もある状況だ。

 北朝鮮の核問題に有効に対処できず朝鮮半島有事という事態になれば、あるいは尖閣諸島をめぐって日中間の対立が偶発的な軍事衝突に発展することになれば、東アジアの平和と繁栄が脅かされよう。21世紀を「アジアの世紀」とするためには、こうした破局的な事態はなんとしても回避することが必要だ。

 本稿では、日本・中国が尖閣情勢をめぐる軍事紛争を引き起こさないこと、米国・韓国などと協調して北朝鮮の核・ミサイル問題に共同で対処することが、東アジアだけでなくアジア太平洋諸国の大きな利益につながることを述べる。そのために、必要な方策を、日中二国間の問題、東アジアにおける日本と中国、中国と世界の問題といった多面的な観点から考察する。


2.「アジアの世紀」か「アジアの破局」か

 アジア開発銀行(ADB)の委託報告書「Asia 2050--Realizing the Asian Century」(2011年) は、今後2050年までのアジアのシナリオとして、楽観、悲観の二つの異なったシナリオを分析した。楽観的なシナリオは「アジアの世紀」で、悲観的なシナリオは「中所得者の罠」と呼ばれるシナリオだ。

 「アジアの世紀」のシナリオでは、アジア諸国のダイナミックな成長パターンが今後も持続し、中国を含むいくつかの中所得国が2050年までには高所得国に移行するとされる。このシナリオで、アジアは、現在の欧米に匹敵する富裕国の地位を占めるようになり、2050年までに約30億人が新たに富裕層に加わり、生活水準も飛躍的に向上することから、アジアにとってベストなシナリオだといえる。

 逆に、「中所得国の罠」のシナリオのもとでは、中国をはじめとするこれまでのダイナミックな経済成長をはたしてきた諸国といえども、今後5年から10年で成長が鈍化して、地域全体の経済パフォーマンスはその潜在力ほどには改善しない。中所得国の状況から脱却できなくなるわけである。

 このように2つのシナリオの違いは大きい。「アジアの世紀」が実現できなかった場合、その経済・社会的な代償は高くつく。もし現在の新興アジア諸国が「中所得国の罠」に陥った場合、2050年に174兆ドルに達するはずのアジアのGDPは65兆ドルにとどまる(市場為替レート換算)。世界経済に占めるアジア経済のウェイトは52%ではなく、27%にとどまる(図1)。1人当りGDPについても、40,800ドルではなく、20,800ドルにとどまる(購買力平価)とされる。


図1.2050年に向けたアジアの二つのシナリオ

    A: 「アジアの世紀」のシナリオ B. 「中所得国の罠」のシナリオ

130306_01.jpg
注:データは市場為替レートによる予測。 資料:Centennial Group International projections, 2011.


 このことは、中国をはじめとする中所得国は、「中所得国の罠」から抜け出すために、いくつかの重要な課題にとりくまなくてはならないことを意味している。たとえば、①所得格差を是正し公正な所得分配をするための「包摂的な成長」、②エネルギーや資源の効率的な利用と環境問題への対処、③公務員の腐敗を抑制するための制度改革、④金融・経済危機に効果的に対処できるシステム構築、などがあげられる。

 しかし、東アジアにおいて深刻な紛争(朝鮮半島有事や日中の軍事衝突など)が起きることになると、アジアの成長は大きく損なわれ、「中所得国の罠」のシナリオでさえ実現できない可能性がある。こうした破局的なシナリオの効果を数量的に示すことは難しいものの、日中をはじめとするアジア諸国は、この「アジアの破局」の可能性を十分に認識し、あらゆる対価を払ってでも回避しなければならない。日本と中国は尖閣情勢でお互いに自制をきかした対応を行って平和的な解決を図るだけでなく、米国・韓国とも連携して朝鮮半島の平和的な統一を支持していくことで、「アジアの世紀」という金の卵を守っていく義務があるといえる。


3.東アジアにおける協調システムの構築

 中国の急速な経済成長は、東アジアだけでなく世界経済にとって望ましいプラスのインパクトをもっている。日本にとって中国は最大の貿易相手国であり、中国にとっても日本との貿易・投資関係は極めて重要で、日中対立は双方に何らのメリットももたらさない。

 ただ、中国の経済大国化が周辺諸国や欧米の間でもいくつかの懸念を生み出していることは確かである。尖閣情勢における日中対立は領有権に起因する対立だが、同じような対立は、将来的に様々なかたちで欧米諸国との間で起きるのではないかということだ。その背景には中国経済の規模が急速に欧米経済のそれに迫っているということ(図2)、そうした経済力を背景に中国は「法の支配」に基づく国際秩序でなく、「覇権主義」(覇権国が恩恵を与えることで周辺国を服従させる)に基づく秩序を構築しているのではないかという懸念が広がっていることだ。


図2:中国、日本、米国、欧州のGDP(PPPレート換算)

図2:中国、日本、米国、欧州のGDP(PPPレート換算)

 そうした観点から、望ましいことは、中国を「包囲」したり「封じ込める」のではなく、国際秩序に取り込んだ上で、国際協調的な行動を促していくことだろう。東アジアにおける地域協調的なシステムの構築はその一歩をなすものと考えられる。とりわけ、東アジア地域の2大国である日本と中国が、共通の地域協調的な枠組みをつくっていくのである。たとえば以下のような項目があげられる。

  • 環境・エネルギー・食糧協力の促進
  • 「日中韓経済連携協定」(CJKEPA)の締結から東アジア16か国の「包括的経済連携協定」(RCEP)の構築。将来的にはTPP入りも支援
  • チェンマイ・イニシャチブの強化やアジア債券市場の発展など地域金融協力の促進
  • 都市化・高齢化・格差問題などでの知見の交換、能力強化支援
  • 北朝鮮の非核化、その経済改革・対外開放の後押し

 こうした地域的な協調メカニズムをつくることにより、中国自身にも国内の様々な矛盾(公務員の腐敗・汚職、環境問題の悪化、所得格差の拡大など)を解決するよう促していくことができ、安定的な層の厚い中間層の形成にも寄与しよう。そのことが、国内の様々な矛盾に対する不満や批判のはけ口を、対外的な狭いナショナリズムというかたちで発散させるという行動を自制することにつながり、国内的にも「法の支配」の強化や安定的な政治体制への移行につながることになろう。そしてそのことが、国際協調なくして中国が国際社会と調和のとれた平和的な抬頭を図ることはありえない、という認識を高めることにもつながろう。
  

4.日本は何をすべきか

 日本がなすべきことは、まずもって経済再生を果たして足腰の強い国づくりに励むとともに、多面的なアプローチで中国との関係修復を図ることだ。

 第一に、日中間で様々な経済協力を進めて共通の利益を高め、尖閣諸島の領有権問題の重要性を相対化させることが重要だ。幸いにして、中国は日中韓の経済連携協定(CJK EPA)の交渉開始や金融協力(日中間での国債の相互保有など)については窓口を閉ざしていない。CJK EPAは東アジア経済連携協定(RCEP)につながる協定であり、極めて重要だ。また、環境問題については、微小粒子状物質(PM2.5)など大気汚染の深刻化が進んでおり、この面で日本が過去の公害対策を経て得た環境技術や知見を中国の汚染対策に生かすことができる。また、所得分配の格差についても、高度成長期の日本で、都市化が進み、中小企業が発展した中で、社会保障制度がつくられたこともあり所得分配が悪化しなかった点から、各種の有用な知見を提供することができよう。

 第二に、尖閣諸島(や韓国との間では竹島)をめぐる情勢の背景として、日中間での歴史認識の違いがあることから、日本は従来の歴史問題の認識で後もどりせず、真摯なかたちで取り組み、もって中国(や韓国)と未来志向的な関係を築くことが必要だ。とりわけ日本は「村山談話」を踏襲することを明らかにし、かつ首相や閣僚による靖国神社参拝、「河野談話」の見直し、尖閣諸島への公務員常駐などは避けるべきだ。「村山談話」は1995年に当時の村山富市首相が、日本の植民地支配と侵略への反省とおわびを述べたもので、2005年には小泉純一郎首相(当時)も踏襲している。「河野談話」は、1993年に河野洋平官房長官(当時)が、従軍慰安婦問題について、慰安所設置や管理、慰安婦の移送への軍の関与を認め、おわびと反省の気持ちを表明したものだ。従軍慰安婦問題は、最後かつ最大の歴史問題だといわれるが、日本側がこれまで謝罪をしたり、基金をつくったりしてきた経緯について、真意を理解してもらう努力を払うべきだ。

 第三に、北朝鮮による核・弾道ミサイル開発や、中国の海洋(尖閣諸島・南シナ海など)での行動に対しては、バランスのとれた安全保障体制を確立させていく必要がある。そのためには、「日米同盟の強化」、「中国との互恵関係の重視」、「アジア諸国との連携」の三つを中心に考えることが現実的だ。「日米同盟の強化」として重要な論点の一つは、集団的自衛権の行使の容認だ。平和憲法と整合的なかたちで米国との同盟関係を強化していく道を模索すべきだろう。日本は政治と軍事では米国と連携し、経済では中国と互恵関係を深めるという複数の軸足をもつことを確認する必要がある。韓国や大半のASEAN諸国も日本が中国を「包囲」して「封じ込める」という発想には賛同しないからだ。日本がASEAN、インド、オーストラリアなどの諸国と政治的・経済的な連携を深めることで、中国との間で建設的な互恵関係を構築することにもつながろう。


5.結論

 尖閣情勢の悪化により日中間の緊張が高まっており、中国海軍による海上自衛隊の護衛艦への火器管制レーザー照射など不測の事態が起こりかねない情勢だ。尖閣情勢の悪化は、世界経済における中国の抬頭、日本の相対的な後退という構造的な変化を反映し、将来的にはアジアをめぐる中国と米国との衝突の可能性をはらむ問題だが、日中両国は問題をこれ以上悪化させずに緊張関係を相対化させていくことが望ましい。

 北朝鮮の核・弾道ミサイルの開発は、いまや日本・韓国の安全保障を脅かしており、日本と中国は米国・日本・韓国・ロシアなどと連携して、東アジアの平和と安定を維持していくことがますます必要になっている。「アジアの破局」でなく「アジアの世紀」の実現がすべての関係諸国にとって最大の利益をもたらすという確固たる認識をもつべきだろう。

 東アジアの安定と繁栄のためには、日中韓をはじめとするアジアの政治指導者が、短期的な視点から狭い国益やナショナリズムを追求するのではなく、長期的な洞察力と先見性をもって戦略と政策をたてていく必要がある。また、日中韓の間における相互信頼関係を高めるためにも、環境・エネルギー・経済・金融など様々な地域協力を促進して、地域のダイナミックな経済成長を持続させ、かつ現実的な利益を作り出していくことが望ましい。そのことで、尖閣情勢などをめぐる緊張関係を相対化させることができる。将来的に北朝鮮を東アジアのダイナミズムのなかにどのように取り込んでいくべきかという地域的な構想も意味がある。

 その一方で、日本が歴史問題について真摯に向き合い、村山談話や河野談話を後退させず、責任ある認識を持ち続けることが欠かせない。中国には、国内の様々の諸課題(公務員の腐敗撲滅、環境改善、所得格差の是正)に取り組んで、分厚く安定的な中間層を生み出し、それを基盤に「法の支配」に基づく透明性と説明責任の高い社会・政治体制をつくりだしていくことが望まれる。そうした改革を支援するとともに、中国が世界の中で「国際的なルールを遵守する」責任ある大国へと成長していく方向を促していくことが欠かせない。

このエントリーをはてなブックマークに追加

言論NPOの活動は、皆様の参加・支援によって成り立っています。

寄付をする

Facebookアカウントでコメントする

Facebookアカウントがない人はこちらからご投稿下さい。

コメントする

この記事に[ 3件 ]のご意見・ご感想があります

投稿者 / Ninomiya Ikuo2013年3月11日 13:37

外交問題は、
1.不安定だが安全である、
2.緊張関係であるが安全である、
以上の与件が前提で外交は重要である。
だからこそ、創造的な英知が必要。
創造的な英知が生まれる、発見できる方法はある。
言論NPOのcreative thinking に期待する。

投稿者 / 飯塚孝一2013年3月14日 21:55

2013年3月14日
直接のコメントではないのですが、
アジア関係にかんする投書です。

昨日の海外ニュースを見ていて
「こりゃあアブナイ!」と思っての
大至急の意見で、本日、民主党とか内閣府やらの意見箱に投書したものです。

(ちょっと、トンチンカンな話で、しかも後ろに行くほどトンチンカンな文章ですみません。読まれる方がいたなら、気を悪くなさらないでくだない)。

本日録画で昨夜のBSテレビ・ニュースを見てましたところ、
なんとあの、ミャンマーのアウンサン・スーチーさんが…、

こともあろうに?

どうやら地元住民からは、
激しく苦情やら反対の生じている様子の銅山の開発を、
「国の発展の観点から支持します」と発言なさってる
メディア会見のニュースがありましたが、

日本は、昨年あたりから国と産業界を挙げての?
急ピッチでのミャンマー重視のミャンマー進出ブームなんですよね?

ならば、なおさら、ついては、
このニュースの銅山の件では、
たとえば環境技術力のある日本が手を差し伸べるべきでは?

さもなければ、
ミャンマーの将来を左右するほど貴重な人物とされるスーチーさんでさえも、
「いつもの世界安直袋小路みたいなもの」に、
あっさり取り込まれて孤立させられて
潰えさせられてしまうんじゃあありません?

銅山の鉱毒事件といえば?
たしか戦前だかの大昔の日本でも、
いったん始まったら野放図に広がり放題の汚染拡散の後の土壌・河川・水田・漁場を、

あまりの被害者の多さに
仕方なく大規模土木工事で、おおむね土壌除去で除染した後も、
結局は完全除去はできなくて、
数百年単位であたり一帯を触れなくなるほどの歴史的大災厄
とかになったんじゃあありませんでしたっけ?
よく覚えてないんですが。

ともかく、そのような「大規模銅山鉱毒事件」がミヤンマーで大発生する前に、銅山が日々大量生産する粉砕鉱石の洗浄液やら鉱石分離薬液や重金属の分離処理・汚水除染施設とか、その他生態系危険物質の空中・水中・地中汚染拡散防止技術の提供とかを、

それこそ、たとえば国や産業界連名の広告宣伝代わりに提供するとかの方策で、

なにもせずに放出すれば、たちまち、すさまじい生態系汚染物質の発生源となろう場所からの発生を、その場で確実にインターセプトする技術的手段を付与して、もちろん、それが故障したら、即座に操業も停止するというルールも徹底してもらうとかで、ミャンマーの人々と産業界の共生的発達のため、「殖産興業は結構だが、それがために公害垂れ流しの道には実は利益も将来性はない」とか、ここらは重々の経験者なのだから、他者の事の始めの鳥羽口分かれ道にもハッキリと御意見申しあげると同時に、宣伝を兼ねて最良の技術支援を提供するとかして、「うっかり銅山の支持を表明してしまって、このままでは袋小路必至のスーチーさんのバックアップを」とかをなさったほうが賢明だと思うのですけれど?

過去15年の、なんだか乱暴で、クソをたれても尻も拭かせないみたいな「いくいくゴーゴー踊り」みたいな仕切りにやたらに忠実ご忠信なアピール合戦ばかりじゃあ、要所要所で先進的な技術力とか、肝腎の日本の持ち味がぜんぜん出ないわけだし。

あしからず用件意見のみで失礼します。
休業中のライター
飯塚孝一


あと、重要な追加の意見・苦情?です。
行政への?

それから、このところは、たとえば北朝鮮の核開発にからめて、「北朝鮮に渡航した原子力技術者を再入国禁止にする法案」を自公政権さんは2月から提案なさってるようですが、妙に気になりますね。こういう、そもそも恐ろしげな事件やらを機会に捉えての一石。気色わるいですね~。うっかり海外旅行できないじゃあないですか?知らないうちに、「この国に行った人は日本への再入国禁止ね!」って法律の前例を作ろうって話だもの。これを機会に。まるで1943年映画「姿三四郎」の「行きはよいよい帰りは怖い」?こういうのって、なんだか理不尽マシンのトルストイ物語版だかのつもりですかね?「誰がボスか?」をハッキリさせてるとか?「これがオレだ!文句があるか?」とか?国会は‘97~99年ごろにも盛んにやってなさりましたものね。強引に。「シンボウ」とか「ジンボウ」とか「トクソホウ」とかのトンチンカン法案。法制局なんでしょうね?そういう、時間を含めた貴重なリソース潰し・鳥羽口トウバー・ミスリード劇で、予測外の思わぬものを通しちゃうルブ劇の悪知恵のお仲間は。ドサクサまぎれに法制化されるそういう「各個ないし集団人身挟撃追放法案」みたいな、あきらかに、もてあそび可能な便利オモチャみたいな「ジットクナイフ」みたいな「生殺与奪権力法」は、これまた過去の戦争とかでも、ちょこちょこっと付随的に乱用されてるでしょ?たとえば、いろんな大戦争の終戦後とかにも、そういうのも猛威ふるって、おそらく書類一発ごとに、いろいろと、いわゆる難民状態になってたのか?って人々とかが、ときに一度に数十万人単位で、ときには、なんと絶滅キャンプのある国にまとめてトンチンカン発送されたり、なんらかの理由でもはや不要になったので密かに現場に固定処理(ディスポーザル・イン・プレイス)とか、公的権力やらによりメタクソな行ないやら、ちょっとした誤り?なのか?の根拠法とかにされたりしてません?そんなことをいってちゃあ、一生懸命に難民の現場やら国際事業で救援事業とかをやってなさる方々に憤慨されるかもしれませんが。でも、いつだって、無自覚なフリをした?バックヤードでの公然たるトンチンカンにも油断できないでしょ?私は、約10年前の海外旅行中にちょっとした難儀にハマって1年近く帰って来られなくなったことがあったのですが、でも、それでも結局は、ただの海外旅行だったのですが、なんと先日、ある用事があって住民票を取得したらば、なぜかちょうどその時期に「米国から転入」という具合に、私の住民票記録の一部が改ざんされてるのに気付かされちゃって。昭和38年横浜生まれの私は、いったん市外に転出して48年に市内に戻ってきたわけですが、なんと「平成16年に横浜市民になりました」とも記録を変えられてしまっていて、要は私は、「平成16年以前は横浜市に存在しなかった人」にされちゃっていて、もしも、どこかから住民票で平成16年以前の所在証明を提出せよとなったら提出のしようがなくて「もはや記録はないので出せない」という気色悪い窓口押し問答になってしまった。私の知るところでは、もちろんアメリカなんぞに私の住民票は無い!あったとしたら、なおさらご都合主義的十把ひとからげ便利利用の隠しダマダマシ臭くて、それこそ深刻に不気味!しかも、この調子で、ちょっと海外旅行にいってる間に「オノレの存在を抹消されたら?」(政府というものやらが仕切る世界では「そもそも存在しない人」にされたらおしまいだそうで。)ということで、文句を申し立てる窓口を探しに行かなくちゃあならないが、これだもの。小金もちを狙って、家人を上手にモノマネして金品を騙し取るという「オレオレサギ」も、すぐ近所を襲ったりしてるが、市民のやることなすことをイチイチ見透かす能力だかを有する役人だかが、お役所のバックヤードも舞台にしてツルンでるに違いないと私は勘ぐってたりするのだが、思わぬところで、ことこまかに手こずらせますな~。いまも、陰陽師の魔術とか妖術とかテレビでやってますけれど。事業の意図は金持ち狙いだとしても、それを隠すため?ただのそこらのアホウ(私?)を?ダシに?じゃあなくて、もっと、まともなことに肩入れしないと、日本なんて、将来やっていけなくなるんじゃあないかと、私は心配なんです。私が小心な故の杞憂ならいいんですけれど。でも、別に革命や流血大事件や大災厄・大災害を起こさなくたって、実際の采配権限を有する人々の意識次第で、あらかた快方・解決できちゃう無用の障害じゃあないのかしら?ここらもまた。このパソコンがまた、「無用」と打とうとしても、「生むよう」としかテコでも変換しない、エニグマ変換機みたいなヒネクレパソコンだし。

トンチンカンな用件のみですみません。

投稿者 / 宮下 将2013年4月23日 21:12

未来で待つ

初めての方へ

「言論外交の挑戦」の考え方、活動例

言論NPOは、不安定な状況が続く東アジア地域の紛争を回避し、また国民相互の信頼関係を生み出すため、多くの人が当事者として課題を共有し、その解決に乗り出し、世論を動かす「新しい外交」に取り組んでいます。私たちはこれを「言論外交」と呼んでいます。

政府間外交が十分な機能を発揮しないなかで、言論NPOは、中国や韓国との間で民間レベルでの二国間対話を毎年実施するとともに、米国などを巻き込んだ多国間の民間対話を実現しています。

アクセスランキング

  1. 「第14回日中共同世論調査」結果を公表しました
  2. 【座談会】「第14回日中共同世論調査をどう読み解くか」~4人の専門家と議論しながら、調査結果の背景に迫ります~
  3. 【論考】第14回日中共同世論調査の読み解き方/工藤泰志(言論NPO代表)
  4. 各分科会の内容、パネリストが決定!日中両国から徐麟国務院新聞弁公室新主任や中国の最先端のIT,ネット企業等約90氏が来日
  5. モーニング・フォーラム「国会改革で何を実現しようとしているのか」/ゲストスピーカー 小泉進次郎氏、小林史明氏、村井英樹氏、山下貴司氏 報告

言論NPOは多くの方のご支援や協力に支えられています

カテゴリー一覧

ソーシャルでつながる

言論ブックショップ

未来選択:マニフェスト評価専門サイト

東京-北京フォーラム公式サイト

エクセレントNPO


ページトップに戻る