言論外交の挑戦

アジアのシンクタンクと民主主義をテーマに議論

このエントリーをはてなブックマークに追加

― 代表工藤は、11月末に開催された「アジア・デモクラシー・リサーチ・ネットワーク」設立会議に日本からの代表として参加


ADRN会合で言論NPOの出版物を手に発言する工藤

 言論NPO代表の工藤泰志は、11月25日から26日に韓国ソウルで開催された「アジア・デモクラシー・リサーチ・ネットワーク(ADRN)」の設立会議と研究会に参加しました。このネットワークは、言論NPOが日本代表として参加する米国・外交問題評議会主催の国際シンクタンク会議「カウンシル・オブ・カウンシルズ(CoC)」の韓国からの代表組織であるシンクタンク、「東アジア研究院(EAI)」が主催し、アジア地域の民主主義に関連した調査・研究を行うために今年創立されたものです。設立会議には、主催国の韓国をはじめ、日本、インド、インドネシア、モンゴル、スリランカ、台湾などアジア各国のシンクタンクの代表の他、アジア以外からは、アメリカのシンクタンクが参加しています。


ADRN設立会議参加者メンバー(前列右が代表工藤) 今回、工藤が本ネットワーク設立会議に参加した理由は、議論の力で日本の民主主義を作り出すことをミッションに設立された言論NPOのこれまでの活動実績が、アジアの民主主義の確立と発展に貢献できると期待したということ。それに加え、言論NPOが東アジアの安定した秩序作りに向けて今年創設した「日韓未来対話」の韓国側主催者であるEAIから招聘を受けたためです。

 工藤は、世界23カ国のシンクタンク・ネットワークであるCoCに加え、このたびADRNに参加することにより、アジア諸国におけるシンクタンクとのネットワークを新たに強化していく契機にしたいと意気込み、参加を決めました。


 2日間にわたる会議では、各国の代表が自国の民主主義や民主政治の現状を紹介しながら、デモクラシーの発展と問題について、意見交換や課題認識を行いました。

 初会合の場で、工藤は、日本の現状や言論NPOの取り組みを説明しながら、「民主主義の発展がアジアにおいて極めて重要な課題であること」を指摘しました。そして、ADRNの今後の活動について、「各国の課題解決を目的に、アジアのデモクラシー・アセスメントなどの評価事業を毎年実施・公表し、評価結果から浮き彫りになった課題に関する公開討論会を開催してはどうか」などの提案を行いました。

 今後、ADRNでは、工藤の提案も含め、ネットワーク参加国と協議しながら共同の調査研究事業に取り組んでいく予定です。(EAIによるADRN報告(英語)は こちら )をご覧ください。)

このエントリーをはてなブックマークに追加

言論NPOの活動は、皆様の参加・支援によって成り立っています。

寄付をする

Facebookアカウントでコメントする

Facebookアカウントがない人はこちらからご投稿下さい。

コメントする

初めての方へ

「言論外交の挑戦」の考え方、活動例

言論NPOは、不安定な状況が続く東アジア地域の紛争を回避し、また国民相互の信頼関係を生み出すため、多くの人が当事者として課題を共有し、その解決に乗り出し、世論を動かす「新しい外交」に取り組んでいます。私たちはこれを「言論外交」と呼んでいます。

政府間外交が十分な機能を発揮しないなかで、言論NPOは、中国や韓国との間で民間レベルでの二国間対話を毎年実施するとともに、米国などを巻き込んだ多国間の民間対話を実現しています。

アクセスランキング

  1. 「東京会議」プレ企画「代表制民主主義は信頼を回復できるのか」 第1セッション「代議制民主主義の危機をどう見るか」報告
  2. 18年目も設立当初のミッションに立ち返り、言論NPOは挑み続けます ~17周年記念パーティー報告~
  3. 第4回アジア言論人会議 セッション1「アジアの民主主義は信頼を取り戻せるのか」
  4. 第4回アジア言論人会議 セッション2 「アジアの民主主義の目指すべき姿とは」
  5. 「東京会議」プレ企画「代表制民主主義は信頼を回復できるのか」 第2セッション「民主主義への信頼をどう取り戻すのか」報告

言論NPOは多くの方のご支援や協力に支えられています

カテゴリー一覧

ソーシャルでつながる

言論ブックショップ

未来選択:マニフェスト評価専門サイト

東京-北京フォーラム公式サイト

エクセレントNPO


ページトップに戻る