言論外交の挑戦

「第7回日韓未来対話」は2日間の議論を終え、閉幕しました

このエントリーをはてなブックマークに追加
⇒ 「第7回日韓未来対話」記事一覧はこちら


 6月22日、言論NPOが主催する「第7回日韓未来対話」の2日目の議論が行われました。前日の非公開会議に引き続き、午前中は「現状の日韓間関係をどう立て直すのか」と題した非公開会議が、午後には100人を超える聴衆が見守る中、公開フォーラムが行われ、日韓関係が非常に悪化する中、日韓両国から、政治家、研究者、ジャーナリスト、経済人など約30氏が参加し、日韓関係に関する議論が行われました。

0B9A9264.jpg

 午前の非公開会議では、日韓双方が忌憚なく本音の議論を交わしました。議論を受けて工藤は、「民主主義、自由市場という価値観を共有している日韓が、二国間でなくマルチに協力の次元を変化させ、世界やアジアの秩序をどう守り発展させるか、ということに納得できれば強い一歩になる」と述べて、未公開セッションを締めくくりました。  ⇒非公開会議第3セッション「現状の日韓関係をどう立て直すのか」 報告


0B9A0409.jpg

 午後の公開フォーラム第1セッションでは、工藤と、東アジア研究院の孫洌院長の司会の下、「2019年日韓共同世論調査結果に基づいて日韓関係の問題を分析する」をテーマに議論が行われ、続く公開フォーラム第2セッションでは「日韓関係を立て直すことは本当に可能なのか」と題して、議論が展開されました。

⇒公開フォーラム第1セッション「2019年日韓共同世論調査結果に基づいて日韓関係の問題を分析する」
⇒公開フォーラム第2セッション「日韓関係を立て直すことは本当に可能なのか」

 2日間にわたって行われた「第7回日韓未来対話」は、合計10時間を超える議論を経て、閉幕しました。議論終了後、両国のパネリストを中心に慰労も兼ねたレセプションが行われ、「第7回日韓未来対話」の全てのプログラムは終了しました。

 「第7回日韓未来対話」の動画は、引き続き下記URLでご覧いただけます。
 動画 https://www.youtube.com/watch?v=HTn1VjkhCtk
 

このエントリーをはてなブックマークに追加

言論NPOの活動は、皆様の参加・支援によって成り立っています。

寄付をする

Facebookアカウントでコメントする

Facebookアカウントがない人はこちらからご投稿下さい。

コメントする

初めての方へ

「言論外交の挑戦」の考え方、活動例

言論NPOは、不安定な状況が続く東アジア地域の紛争を回避し、また国民相互の信頼関係を生み出すため、多くの人が当事者として課題を共有し、その解決に乗り出し、世論を動かす「新しい外交」に取り組んでいます。私たちはこれを「言論外交」と呼んでいます。

政府間外交が十分な機能を発揮しないなかで、言論NPOは、中国や韓国との間で民間レベルでの二国間対話を毎年実施するとともに、米国などを巻き込んだ多国間の民間対話を実現しています。

アクセスランキング

  1. 参議院選挙を前に日本の政治・民主主義に関する世論調査結果を公表しました
  2. 【工藤ブログ】今回の参議院選挙で、私たちは何を政治に問わなければならないのか
  3. 【座談会】2019年参院選挙の争点とは何か ― 社会保障政策 ― 
  4. 【座談会】2019年参院選挙の争点とは何か ― 経済政策 ―
  5. 【座談会】2019年参院選挙の争点とは何か ― 財政政策 ―

言論NPOは多くの方のご支援や協力に支えられています

カテゴリー一覧

ソーシャルでつながる

言論ブックショップ

未来選択:マニフェスト評価専門サイト

東京-北京フォーラム公式サイト

エクセレントNPO


ページトップに戻る