言論外交の挑戦

日中両国が信頼関係を構築し、相互に尊重しあうパートナーに ~政治・外交分科会報告~

このエントリーをはてなブックマークに追加
⇒ 「第15回 東京-北京フォーラム」記事一覧


0B9A2174.png

 10月26日に開幕した「第15回 東京-北京フォーラム」は、午前の全体会議に続き、午後からは5つの分科会に分かれて議論が行われました。「アジア太平洋地域の平和と繁栄に向けた日中戦略協力」を議題とする政治・外交分科会は、日本側の司会を言論NPO代表の工藤泰志、中国側司会を楊伯江・中国社会科学院日本研究所所長がそれぞれ務めました。

 今回の議論では、中国の不透明な対応に対する疑問が呈される一方、アジア太平洋地域の平和と発展に向けて、日中両国が信頼関係を構築し、相互に尊重しあうようなパートナーになることが必要だ、との見解で一致しました。


 最初に工藤は、全体のテーマである「世界の繁栄とアジアの平和で日中が背負うべき責任」について、「責任」が持つ意味を二国間だけでなく、視野を広げて知恵を出し合い、大きな視点から議論を進めたいと主張。その上で、「責任」の具体的協力の方法についても議論することとなりました。


日中間で、イデオロギーを超えた政治的相互信頼と相互尊重することが不可欠

 まず、明石康・国立京都国際会議理事長(元国連事務次長)が問題提起者として、「戦後の日本は、米国民主主義のダイナミズムに憧れ、米国の存在は大きいものだった」と語り始めました。「それが今、米国は同盟国としての日本を信頼しているのか、疑惑が生まれ、そこに代わる存在としてGDP世界2位の中国が存在している。経済的に明るい見通しのない日本にとって、中国のソフトパワーには魅力があることから、米国と中国、どちらが魅力ある存在か」と現状を解説。「しかし、中国に魅力があっても、まだまだ中国は力不足で十分ではないのか、日本には迷いがあるのだ」と日本の立ち位置を分析し、日本自体が、どういう方向を目指すのか内向している状態と説明しました。一方の中国は、国連常任理事国としてアフリカなどへのPKO活動において、最も多くの兵力を出し、若い中国の外交官の発言などから、核軍縮でも新しい仕事を果たしそうだ、との感触を語る明石氏でした。

 一方、劉洪才・中国国際交流協会副会長は、100年に一度という変動期で世界の流れが変わる中で、それぞれの国が違う主張を持たずに、「世界二位と三位の国が担うべき責任が世界から注目され、期待が大きくなっている。持続可能な経済発展の実践プロセスで協力強化することが大事」と力説し、「イデオロギーを超えた政治的相互信頼と相互尊重することが不可欠だ」と述べました。

 元外相で武蔵野大学国際総合研究所フェローの川口順子氏は問題提起として、日中は、これまでどういう責任を果たしてきたか、と会場に問いかけ、2018年の成長率が高い国は、バングラデッシュ、カンボジア、モルジブであって、日中はそれまでの高い成長率でアジアの経済発展を支援してきた、と説明。アジアが発展することができたのは、リベラルな協力と平和構築、アジアだけで終わらず太平洋の向こう側とも関係を持つ、三条件があったからと話しました。

 しかし、日中共同世論調査を見ると、中国の日本に対する印象と、日本の中国に対する印象度に大きなギャップがあり、これがお互いの発展を妨げているのではないか、との見解を示しました。また、これからは日中首脳が経済協力で意見の一致を見ても、日本から見れば、中国の行動の意図や、どういうルールに基づいて行動しているのか、その理由の説得性のある説明が十分でなく、結局、中国は自国の利益が大事なのではないか、と中長期的に懸念がある、と率直に中国側に問いかけました。

YKAA2635.png


日中両国に問われている「責任」とは

 ここで日本側司会の工藤は、世界の問題でも協力していきたいが、国民間の感情がまだ歩み寄れていない。日本へのイメージが覇権主義だという人もいれば、資本主義、軍国主義、民族主義の国だとも思われている、と共同世論調査の結果を指摘し、日中にはどういう責任があるのか、具体的な中身をパネリストに投げかけました。

 衆議院議員で佐藤茂樹・公明党外交安全保障調査会長は、北朝鮮の非核化で日中は共同して取り組めないか、と提案しました。トランプ大統領のように、「短距離弾道ミサイルを問題にしないのではなく、北朝鮮に影響力のある中国と日本が、完全な非核化、弾道ミサイル廃絶で協力の形を作っていく」と語ります。自民党衆議院議員の古川禎久・元財務副大臣は、日中共同世論調査で、中国人の多くが日本は軍国主義と捉えていることを、「なぜ、そうなのか、誤解を解いていくことが大事」と、協力関係を築く前提の姿勢を口にしました。さらに憲法については、「日本では憲法改正論議があり、これが軍国主義ではないか、と思われてしまう。平和主義の規定がある憲法9条第1項を変える話しは一切ない」と強く断言。「それよりも現憲法は米国の押し付けだから、日本人はこれを変えたい、と見ているだけだ」と語り、中国側の理解を求めました。

 午前の全体会議で、日本で大使を9年も務めたのは世界記録と福田康夫元首相から紹介された程永華・前中日大使は、「訪日観光客、それも体験型訪日客が増えたことは、明るい兆しで、1対1の交流が少ないだけに、こうした日中交流を強化することが重要」と、日本を知る立場からの意見を述べました。さらに、「100年に一度の大変革期はチャンスであり、これを逃してしまうと、二国間の関係に悪い影響を及ぼしてしまう」と懸念を示すと同時に、これまで日中両国が長年、積み重ねてきた交流や努力によって関係改善しており、こうした努力が今後も必要だと語る程氏でした。


中国への訪問が少ない日本人、その原因は不透明な中国の対応

 訪日客の急増が日本への印象を良くしているのは間違いなく、工藤は、来年か再来年には、中国人が日本に「良い印象を持っている」が、「悪い印象を持っている」を超すのではないか、と予想します。このように直接交流が増えることで印象は良くなるのですが、中国に渡航経験がある日本人の数が、14年前と同じなのは、どうしてなのか。「この病巣をえぐり出さなければいけない」と問いかけました。

 中国側司会の楊氏は、「中国を訪れる日本人が少ないのは、少子高齢化で子供への過保護があり、旅をさせたくないのではないか」と、苦笑しつつ日本側の原因を推測しました。これには川口氏も、「過保護はあると思う」とはっきり肯定しつつも、「観光は、お互いの競争だ。欧州にいくのか、米国に行くのか、中国に行くのか」という選択だとして、日本人の中国訪問が少ないのなら、プラスになるように競争すべきだ、と中国側に呼びかけました。さらに川口氏は、「銀座は中国語ばっかりで、これは素晴らしいことだが、香港は一国二制度でなくなっているから心配している。中国にとって一国二制度は大事だろうが、説明のチャンスを逃していないか」と疑問を投げ掛けました。

 衆議院議員の中山泰秀・自民党外交部会長は、「中国政府が日本人を拘束して、返還されなかったり、天安門事件で軍隊が人民を抑えるイメージがある。日本では戦後、そのようなことはないので、中国側はしっかりと説明する責任があるのではないか」と問題提起。これに対して劉氏は、「中国の説明不足と日本の説明不足。お互いが努力すべきだ。政府間のコンセンサスで、関係改善がされているのだが、国民が十分、理解できておらず、実際に上手くできていない。しかし、これを政治差別の根源としてはいけない」と日中双方に注意を呼びかけました。

 また曹衛洲・中国留学人材発展基金会理事長は、今、騒がれている香港問題について、「一国の次に、一国二制度はあり、中国が作った非常に素晴らしいもので守らなければいけない。国の品格は絶対にないがしろにされるものではなく、香港基本法でしっかり裁くべきで、外国として関心を寄せるのはいいが、干渉するのは良くない。心配は不必要だ」と、中国として基本的な態度をはっきりと示しました。

 分科会前半の最後には、川口氏が、「なぜ日中両国の協力が大事なのか、中国がナンバー2、日本がナンバー3、米国がナンバー1、貴方と私が協力しなくて、一体、誰が協力するのか」と指摘。気候変動、安全保障、核問題、貧困問題、感染症など、「一国で解決できない問題では緊密な協力が必要だとは、みんな認識している」と語り、当たり前の協力がなぜできないのか、疑問を呈しました。

YKAA2420.png


日中が協力していくために具体的に必要なことは何か

 後半では、戦略的に日中協力をどうするのか話し合われました。曹氏は、「毛沢東は、中日関係の中では、戦争の歴史は50年と短く、友好の歴史は長く2000年ある。戦争後は両国の関係改善のために、民間、政府などが頑張ってきた。友好的な共同発展のためには、真心を持って信頼関係を構築、継続的に協力し、寛容な心を持って関係を保ち、誠意を持って世界の平和発展に貢献することだ」と協力発展の心を語りました。

 こうした考え方を具体化するように佐藤氏は、①北東アジアの平和メカニズムづくり、②米国の一国主義に対抗する自由で公正な貿易、③第三国でのインフラ整備の共同開発、④少子化から見える解決策、⑤防災における協力、⑥ゴミ問題に対するモデルケースとしての問題解決、⑦地方間の交流を挙げました。

 考え方の調整が必要、と言うのは程氏でした。「隣国をパートナーか、競争相手として見るのか。中日は文化面で共通点があり、その共通点を見るのか、相違点を見るのかの違いであって、夫婦仲と似ている。今こそ国交回復の原点に戻り、双方にアンバランスがあることを認めつつ、互いにパートナーとしてやっていくべきではないか」との見方を示しました。


中国は民主主義や、法の下の平等、法治をどう考えているのか

 最後に工藤は、共同世論調査で感じた疑問として、中国人が"民主"について関心を持っているのではないか、と問題提起。さらに、民主主義、法の下の平等、法治などについて中国の人はどう受け止めているのか、と問いかけます。

 中国翻訳協会会長の周明偉氏は、「"民主"については認識が一致しているわけではない。トランプのお陰で、中国の方向性を明確に表わすことになった」と語り、楊氏は、「"民衆"が適切な訳かどうか、孫文の三民主義とどう違うのか。スターリンとは違う特色のある社会主義で、中国にふさわしい形がある」と返答を逃れるように答えます。

 この他、政党間の交流やマスコミの管理、青少年の交流を政府予算で支持していくことなどが話し合われ、上の世代が古い価値観で縛りをかけて交流をするのではなく、自由な交流をさせることが重要という声も挙がりました。

 最後に一言求められたパネリストは、「未来のために、いい歴史を作っていきたい」(川口氏)、「中華民族も日本民族も偉大な民族、平等にお付き合いして、輝かしい未来を作る」(呂氏)、「今回が一番いいフォーラム、古い問題も少しずつ解決していく必要がある」(周氏)、「戦後62年後に、国会議員として南京記念館を正式訪問したのは私だ」(中山氏)、「若い世代の人たちが主役、今日の議論を踏まえて日中友好のために働いてほしい」(佐藤氏)、「歴史教育は人類の発展に重要な役割がある」(曹氏)との声が集まり、政治・外交分科会は幕を閉じました。



【政治・外交分科会】参加者

日本側司会 工藤 泰志  言論NPO代表
パネリスト 明石 康   元国連事務次長、「東京-北京フォーラム」実行委員長
      川口 順子  武蔵野大学国際総合研究所フェロー、元外務大臣
      佐藤 茂樹  衆議院議員、元厚生労働副大臣
      中山 泰秀  自民党外交部会長、衆議院議員 
      古川 禎久  衆議院議員、元財務副大臣 

中国側司会 楊 伯江  中国社会科学院日本研究所所長
パネリスト 劉 洪才  中国国際交流協会副会長、
           中国人民政治協商会議第13期全国委員会外事委員会副主任
      曹 衛洲  中国留学人材発展基金会理事長、
           中国人民政治協商会議第12期全国委員会外事委員会委員
      周 明偉  中国翻訳協会会長、中国人民政治協商会議第12期全国委員会外事委員会委員
      程 永華  元駐日本特命全権大使、中国人民政治協商会議第12期全国委員会外事委員会委員
      呂 小慶  中国中日関係史学会常務副会長

このエントリーをはてなブックマークに追加

言論NPOの活動は、皆様の参加・支援によって成り立っています。

寄付をする

Facebookアカウントでコメントする

Facebookアカウントがない人はこちらからご投稿下さい。

コメントする

初めての方へ

「言論外交の挑戦」の考え方、活動例

言論NPOは、不安定な状況が続く東アジア地域の紛争を回避し、また国民相互の信頼関係を生み出すため、多くの人が当事者として課題を共有し、その解決に乗り出し、世論を動かす「新しい外交」に取り組んでいます。私たちはこれを「言論外交」と呼んでいます。

政府間外交が十分な機能を発揮しないなかで、言論NPOは、中国や韓国との間で民間レベルでの二国間対話を毎年実施するとともに、米国などを巻き込んだ多国間の民間対話を実現しています。

アクセスランキング

  1. 公開フォーラム「深刻化するイラン情勢をどう見るか」
  2. 公開フォーラム「日本で初めて開催されたG20サミットの成果とは」
  3. 国民の6割は政党や国会などを信頼していないと回答~民主主義に関する世論調査結果を公表~
  4. 【座談会】日本の民主主義を考える~「日本の民主主義に関する世論調査結果」を踏まえながら~
  5. 【座談会】2019年参院選挙の争点とは何か ― 社会保障政策 ―

言論NPOは多くの方のご支援や協力に支えられています

カテゴリー一覧

ソーシャルでつながる

言論ブックショップ

未来選択:マニフェスト評価専門サイト

東京-北京フォーラム公式サイト

エクセレントNPO


ページトップに戻る