民主主義を強くする

民主主義は「自分の人生は自分で決めたい」という人々の思いに、答えていく必要がある ~今回のフォーラムに参加して ラスムセン氏インタビュー~

このエントリーをはてなブックマークに追加
⇒ 創立18周年フォーラム 記事一覧はこちら


DSC04264.jpg工藤:今回、我々のフォーラムに参加して、どのような感想を持たれましたか。

ラスムセン:日本に参りまして、民主主義や自由を守り、促進するための非常に強力なエンゲージメントがあるということを嬉しいと思うと同時に、非常に感銘を受けました。このようなコミットメントは、必ず必要だと思っています。そうした思いから、私はコペンハーゲンで「民主主義同盟財団」というものを設立しました。
ぜひ、今後も、日本の言論NPOと協力を深めさせていただいて、2020年6月に開催を予定している「コペンハーゲン・デモクラシーサミット」には多くの日本人の方にご出席いただきたいと考えています。

工藤:私も今後、協力をしていきたいと思っています。
続いての質問なのですが、世界の自由秩序と民主主義の再建ということに関して、日本に求められている役割は何だと思いますか。

ラスムセン:日本は自由と民主主義の促進という観点において、とても重要な役割を果たすことができると思っています。なぜなら、日本はまさに自由主義を反映させることによって、隣国と平和な関係を築き、国内の人たちに繁栄をもたらすことができた、といいう素晴らしい事例だからです。
自由を求めている世界の人々にとって、これは素晴らしいお手本だと思います。この点がまさに、日本が最も大きく貢献できるところだと思います。

工藤:自由と民主主義の未来を、ラスムセンさんはどう思っていますか。その未来を実現するために、どのような努力が必要なのでしょうか。

ラスムセン:私は楽天主義者です。自由と民主主義というのは協力な力を持っていますから、最終的には自由と民主主義が勝つと信じています。
全ての人が、自分の人生は自分で決めたい、ということが可能な自由な社会に住みたいということを望んでいます。民主主義は、その人々の期待に応えていく必要があると思っています。
また、民主主義国家においては、政治的なリーダーが、人々が抱える正当な懸念に対して効果的な解決策を提示していく必要があると思っています。やはり、政治家は、まず控えめな約束をして、それに対して約束した以上のことを結果としてもたらしていかなければいけない、と思っています。

 さらに、民主主義国家に生きる我々は、自由と民主主義にかかわる原則をしっかりと守っていかなければいけない。そのためには、言論の自由と、法の支配が重要だと思います。

工藤:お疲れだったと思いますが、無事に帰国していただければと思います。
 今回は、本当にありがとうございました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

言論NPOの活動は、皆様の参加・支援によって成り立っています。

寄付をする

Facebookアカウントでコメントする

Facebookアカウントがない人はこちらからご投稿下さい。

コメントする

初めての方へ

「民主主義を強くする」の考え方、活動例

言論NPOは、日本の民主主義を機能させるため、政治の仕組みやメディアが抱える問題点を議論し、解決策を模索していきます。同時に、こうした課題に関して市民一人ひとりが学び、考え、国民的な議論が巻き起こるような仕組みづくりを目指しています。

また、日本の非営利組織が市民とのつながりを強化して、課題解決に自発的に取り組む市民の受け皿となることを目指し、体系的な基準のもとに優れたNPOを表彰する取り組みを行っています。

アクセスランキング

  1. 政治家を自分たちの「代表だと思わない」との回答が「代表だと思う」を上回る等、国民の政治不信が顕著で、特に若い層にその傾向が高まっている
  2. 言論NPOは、なぜ今、民主主義の議論に取り組むのか
  3. 日本は政治と有権者とのつながりを再構築するため、さらなる政治改革を始めるべき局面
  4. 目指すべき日本の代表制民主主義の姿を明らかにし、「正統性」と「実効性」を軸に点検を進める-代表・工藤と政治学者3氏が日本の民主統治の強化のための論点を整理
  5. 日本でも「代表制民主主義を機能させる改革」 に取り組む必要性で一致

言論NPOは多くの方のご支援や協力に支えられています

カテゴリー一覧

ソーシャルでつながる

言論ブックショップ

未来選択:マニフェスト評価専門サイト

東京-北京フォーラム公式サイト

エクセレントNPO


ページトップに戻る