by Google 運営者 お問い合わせ

« 2013年1月 | メイン | 2013年4月 »

2013年3月16日

ワシントンでの6日間を振り返って ~アメリカ、中国との本音レベルでの対話づくりを~

このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - ワシントンでの6日間を振り返って ~アメリカ、中国との本音レベルでの対話づくりを~

  聞き手:言論NPOスタッフ

スタッフ:工藤さん、お疲れ様でした。カウンシル・オブ・カウンシルズの年次総会、そしてシンクタンクや議会、政府関係者の方々との会談を終えての感想を教えてください。

工藤:今回は、多くの人たちの力も借りて、いろいろな人たちと会って議論をしました。言論NPOが今後、ワシントンを舞台に様々な議論を行うためのベースを築けたかな、と思っていますが、いろいろと考えさせられるものでした。僕たちは、アメリカ政府の情報を、基本的には日本のメディアを通じて知るわけですが、ワシントンの中でも民主党系と共和党系の間にはかなり違う見方をしていて、意見を聴く人によっては、かなり見解が違ってきます。その見方が違うまま、メディアを通じて日本に情報が流されているのかな、という感じがしました。日本とアメリカとの関係でも、コミュニケーションを強いものにしていかないと、日米問題を冷静に、かつ建設的に議論をすることは難しいのではないかと感じました。

 少なくない人たちが言っていましたが、日本とアメリカとの関係は、昔から多層で、重層的なコミュニケーションのチャネルがあったのですが、高齢化や日本の存在感が乏しかったこともあり、日本を研究している人も減ってきていて、コミュニケーションンのチャネルが減ってきているのが現状です。ただ一方で、ブルッキングス研究所がそうなのですが、シンクタンクによっては、日本の部署を拡張しているところもあります。また、アベノミクスなど、日本の経済政策がかなり注目されているということもあり、十分ではありませんが、ようやく日本のことを議論できる下地が作られ始めているのだな、と思いました。そういう状況も十分に考慮しながら、日本とアメリカとの関係をもっと緊密にするためにも、私たちも参加して、コミュニケーションのチャネルを深めていかなければいけないかな、と思いました。

 さて、これから私たちは日本に帰って、次は北京に行くことになります。いろいろな研究者にも聞かれましたが、日本と中国との関係は、尖閣問題を含めて、まだまだ緊張関係がある中で、偶発的な事故にならないようにどのように管理していくのか、どうコントロールしていくのか、というところにかなり関心を持っていました。この問題は、領土問題という主権がかかわる問題ですから、なかなか政府間交渉だけではうまくいかない。やはり、民間の本音レベルの対話が必要になってきていると思います。日本に帰って、十分準備をして、北京訪問に望みたいと思っています。

 日本に帰っても、いろいろな議論を皆さんに提供していきたいと思いますし、自分たちのこの日本の未来を考えていくための議論を、積極的につくっていきたいと思っています。

スタッフ:工藤さん、6日間お疲れ様でした。ありがとうございました。

投稿者 genron-npo : 07:38 | コメント (0)

2013年3月15日

アメリカのアジア・リバランスを巡って
 ―米国議会上院・民主党外交問題補佐官らとの対話

このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - アメリカのアジア・リバランスを巡って ―米国議会上院・民主党外交問題補佐官らとの対話

 工藤:今は、3月14日の朝8時半、寒いワシントンからの報告です。先ほど、上院の民主党の外交問題補佐官と1時間ほど話をしてきました。昨日に引き続いて、アメリカのアジア・リバランスがどう展開していくのか、ということについて、突っ込んだ議論を行いました。基本的な方向性は大きく変わろうとしていて、アメリカがアジア・リバランスという方向に変え始めてきているということは、事実だと。その動きは短期的なものではなく、時間をかけて動いていくということでした。


 昨日までの、色々なシンクタンクの人たちと議論をして、このアジア・リバランスが十分に機能していないのではないか、という話があったので、それについて意見を交わしたのですが、そうした見方について、この補佐官は異論を持っていました。特に彼が強調していたのは、そのリバランスが動いている中で、技術革新などを通じ、ネットワークとして安全保障上の軍のパワーというものを再編しつつ、機能する形で時間をかけながら着実に進んでいる、ということでした。

 こういう対話ができたことを、補佐官は非常に喜んでいらっしゃいました。嬉しかったのは、私たちの言論NPOが中国の軍関係者、それから韓国、アメリカを交えた形で、東アジアのリージョナル・ガバナンス構築のために、かなりオープンな形での対話を準備して動いているということについて、積極的に応援したい、関わっていきたいと言われ、強力なサポートの意思を表明していただいたことです。


 今日は、私たちが考えている東アジアでの対話、民間のパブリック・ディプロマシーの展開が、何となく一歩ずつ進んでいくような実感を得ました。これから、ワシントンの主要なシンクタンクの幹部と会いますので、それが終わったら、また皆さんに報告させてもらいます。

投稿者 genron-npo : 20:24 | コメント (0)

2013年3月14日

評価が高かった安倍・オバマ首脳会談 ―米側に伝わった日本の日米関係重視

このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 評価が高かった安倍・オバマ首脳会談 ―米側に伝わった日本の日米関係重視

 工藤:ワシントンは寒いです。私は今、米議会の上院に来ています。先ほどの会合でも、アメリカ、アジアのリバランスのことや、尖閣の問題などについて議論してきましたが、日本と違う認識なので、少し驚いています。オバマ政権のアジア、太平洋のリバランスということが、議会でもなかなか理解されていないということでした。逆に、日本の政局のことをかなり聞かれました。

 先日の安倍総理とオバマ大統領の首脳会談への評価が非常に高いものでした。こちらに来る前に立ち寄ったヘリテージ財団の研究者も同じことを言っていました。日本が日米関係を非常に重要視している、ということがアメリカに伝わっているのは非常にいいことだと思います。しかし、今後、日米関係をどういう方向に持っていくのか、という議論の作り方を考えないといけないな、と思いました。これから下院にも行くのですが、上院の議員は、日米関係を発展させたいという気持ちを持っていました。しかし、その論理構成をどうするのか、宿題を得た感じがします。

 いずれにしても、こういう対話は重要だと思いますし、言論NPOみたいな組織が日本にあるということに、アメリカの皆さんは非常に驚いていました。やはり、民主主義を強くするためにも、中立で独立のシンクタンクの役割が重要だと思っていますので、色々な人たちと話をして、改めて頑張ろうと思いました。また、報告します。

投稿者 genron-npo : 20:36 | コメント (0)

どうなるアメリカのアジア・リバランス政策

このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - どうなるアメリカのアジア・リバランス政策

工藤:CSIS(米戦略国際問題研究所)のジョンソン中国部長と1時間ほど議論してきました。非常に面白かったです。アメリカではオバマさんが再選され、中国では習近平さんが新しい国家主席に選出されて両大国の新政権による初めての首脳会談が9月に行われるとのことでした。アジアの大きな変化の中で、アメリカはどのように中国と付き合っていくのか、将来へ向けて新たな協力関係が模索されるのか、今後の成り行きが注目されます。しかし、ジョンソン部長によれば、アメリカのアジア・リバランスの政策が順調に進んでいないそうで、大きく修正される可能性があるのではないか、ということでした。

 それから、尖閣問題に関しては、何とか大丈夫だろうという認識でした。ただ、中国は経済的な改革をかなり進めないといけないということを指導者は知っています。しかし、それが順調にはいっていないようで、中国経済がうまく構造改革を進められるかどうか、強い期待感を持ちながらも注意して見守っていくようです。ジョンソンさんを初めとして、これからいろいろな人たちと会いますので、ワシントンでの対話を、私たち言論NPOが行う対話に活かしていきたいと思います。

投稿者 genron-npo : 20:35 | コメント (0)

2013年3月13日

東アジア・太平洋の対話の枠組み作りを開始します

このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 東アジア・太平洋の対話の枠組み作りを開始します
動画をみる

東アジア・太平洋の対話の枠組み作りを
開始します

聞き手:言論NPOスタッフ


⇒ 動画をみる


スタッフ:工藤さん、3日間のCoCの会議を終えて感想をお願いします。


一過性に終わらせたくない本音の議論

工藤:今回はグローバルガバナンスが機能していないということで、5テーマにわたってずっと議論を行ってきました。気候変動の問題や貿易の体制、宇宙の利用、インターネットの問題など、色々な問題が話し合われました。国連をベースにして、色々な人たちが参加をし、合意をしていくということがうまくいかない中で、その枠組みを残しながら具体的な合意をどうやってつくっていくのか、ということについてかなり突っ込んだ議論になりました。CoCの会議は非公開ですので、本音の議論が交わされました。

 今回の会議には23カ国の代表が集まり、いろいろな意見交換を行いましたが、みなさん、ここで議論したことをアクションに繋げたい、ということを言っていました。

 最後に、このCoCの会議をどうしていくのか、ということについても話し合いました。世界のトップクラスのシンクタンクが集まっていることから、議論のレベルはかなり高いのですが、この議論をただ一過性のものに終わらせるのではなくて、何かの動きに繋げていきたい、ということを発言している人がいましたが、私もそう思っています。外交問題評議会としても、試行錯誤しながらいろいろな形でやっていきたいということを盛んに言っていました。私は、最終的にこの議論を成果に繋げていくプロセスがそろそろ必要なのではないか、と思っています。また、こういう専門家による一流の議論を、一般の人を巻き込んだ形でやる、ということがあってもいいなと思いました。


不安定な地域の合意形成に挑戦

 今日、年次総会が終わりましたが、今年はリージョナルな会議を2回行うことになります。言論NPOからも、CFR会長のリチャード・ハース氏に、東京で開催できないかということを提案しました。中国や北朝鮮など様々な問題があり、東アジアのガバナンスが非常に不安定になっている。そのような中で、専門家だけではなくて、いろいろな国の民意を集めながら、リージョナルなガバナンスの安定化に向けた動きに挑戦していきたいのですね。今回は、CoCの会議に参加するだけではなくて、東アジア、太平洋の新しい対話のチャネルをどうつくるのか、というチャレンジに向けた第一歩にしたいと思っています。

 明日からの2日間は、ワシントンの主要なシンクタンクのトップや政府関係者、議会など20人ぐらいの人たちと会うことになっています。それから、メディアの人たちにも会います。どうすれば東アジア、太平洋の対話の枠組みを民間ベースでつくれるのか、ということについて、ワシントン側の知恵も借りてきたいと思っています。


 今日は3月12日、東日本大震災から2年と1日を迎えました。私は青森出身ということもあり、復興がまだまだ道半ばだということが非常に気になっています。ただ、日本全体が未来に向けて本気で動かないといけないと思っていますので、私なりに前に向けて動いていきたいと思っています。また、明日も皆さんに報告したいと思っています。

 ワシントンから工藤でした。


スタッフ:どうもありがとうございました。



投稿者 genron-npo : 17:25 | コメント (0)

2013年3月10日

明日からの会議への意気込み

このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 明日からの会議への意気込み

 今、ホワイトハウス前に来ています。さっきワシントンに到着したばかりなのですが、明日からいよいよCoCの会議が幕を開け、言論NPOの民間外交が始まります。このワシントンに来るといつも思うのですが、ここを中心に世界が動いているな、という感じがします。そういう中でも、日本の主張をきちんと伝えなければいけないし、我々も国際社会の中での役割を果たしていかなければいけないと思っています。

 また、明日からがんばりたいと思います。

 

投稿者 genron-npo : 08:48 | コメント (0)

民間の力でリージョナルガバナンスの不安定化の解消を

このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 民間の力でリージョナルガバナンスの不安定化の解消を

 今、ワシントンに入りました。この場所は、ホワイトハウスの反対側になります。いよいよ明日から、CoCの会議が2日間にわたって行われます。私は、その会議で気候変動を含めて、いろいろなグローバルなガバナンスが機能していない中でどうすればいいか、ということを話し合うことになっています。

 その後、アメリカのシンクタンクの人達、アメリカの政府の関係者の人達と会うことになっています。日米、日中、東アジアが不安定になっている中で、どのように改善していけばいいのか、ということについてみんなと意見交換しようと思っています。

 私は、政府間だけではこのような地域のリージョナルガバナンスの不安定化は解消できないと思っています。民間の力でどういう風に乗り切っていけばいいのか、ということを考えています。こういうことについて、アメリカの人達と話し合ってみたいと思っています。また、皆さんに報告したいと思っています。

  

投稿者 genron-npo : 05:52 | コメント (0)

2013年3月 9日

言論NPOの民間外交が始まります

このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 言論NPOの民間外交が始まります

 言論NPOの工藤です。今、成田空港に来ていまして、これからワシントンに向かいます。ワシントンは8日間滞在して、アメリカのシンクタンクの人達と話をすることになっています。


 私たち言論NPOは、ワシントンへの渡航から、中国の尖閣問題、そして韓国とのいろいろな問題について民間外交ということで真剣に取り組もうと思っています。東アジアという地域のガバナンスが不安定で、それがグローバルな問題について様々な影響を与えているのが現状です。この状況は、政府間の対話だけでは無理だと思っています。民間の力、民間の対話で何とかしたいというのが、私たちの思いです。ワシントンでは、こういった私の考えを民間のシンクタンクや、政府関係者に伝えていきたいと思っています。


 今回、私がワシントンに行く主目的は、アメリカの外交問題評議会が主催する会議に出席するためです。世界は、民間の知的なシンクタンクが地域やグローバルな課題に対して、何か貢献したいという動きが始まっているのです。私も、その一員として、日本の主張をぶつけていきたいと思っています。これから、ワシントンに向かい、帰国後は直ぐに北京に行くことになります。その一つひとつをみなさんに報告していきたいと思います。

 

投稿者 genron-npo : 11:34 | コメント (0)