メールマガジン

【vol.218】「エクセレントNPO」を軸とした「良循環」を提案--ブックレット新刊も発売中

このエントリーをはてなブックマークに追加
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
■■■■ 言論NPO メールマガジン
■■■■ Vol.218 (2010年3月14日発行)
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  
              〈〈 http://www.genron-npo.net/ 〉〉

皆さま、いかがお過ごしでしょうか。
言論NPOの新サイトでは「民主主義を強くする」をキーワードに、新しい議論
づくりを進めていますが、「市民を強くする言論」コーナーでは、このたび、
日本の社会に強い市民社会をつくるために、「エクセレントNPO」を軸とした
「良循環」をつくることを提案し、ブックレット「『エクセレントNPO』とは
何か―『強い市民社会』への良循環をつくる」を発売いたしました。
今回は、私たちが提案する「エクセレントNPO」とは何なのか、そして強い
市民社会に向けた「良循環」とはどのように実現するのか。代表の工藤が語ります。

 ▼ブックレット新刊情報はこちら
 → http://www.genron-npo.net/bookshop/books/npo.html

───────────────────────────────────
「強い市民社会」に向けた「良循環」をつくるために
                     ―言論NPO代表 工藤 泰志
───────────────────────────────────
◆今、なぜ「市民社会」なのか?

 私はいろいろなところで「市民が強くならなければ、日本は変わらない」という
ことを言っています。言論NPOではウェブサイトの全面リニューアルに伴い、
「市民を強くする言論」という議論づくりを始めましたが、私は、政治に何でも
お任せするのではなく、私たち自身が変わっていかないと、この国は根本的に
変わらないと思っています。
 有権者が当事者意識を持って政治や政策を判断する社会、さらに市民が自ら社会の
課題解決のために自発的に取り組み、そうした動きが尊重されるような社会。
それが私の考える、「強い市民社会」です。
 鳩山政権は「新しい公共」という考え方を提起していますが、実は政治サイドから
こうした提起がなされるだけでは不十分なのです。「公」に対する「気づき」が、
市民の生活レベルから生み出されて、そこから社会参加という自発的な行動が生まれ
ていくという循環が始まらない限り、「新しい公共」は実現できないのだと、私は
思います。

◆「エクセレントNPO」とは―非営利の世界から社会を変える

 非営利の世界に目を向けてみると、NPO法制定から11年が経って、NPOの数は
約4万団体にまで膨らんでいます。しかし、日本の市民社会は本当に強くなったので
しょうか。なっていないとすれば、強い市民社会をつくっていくためには何が必要
なのでしょうか。
 「非営利組織評価基準検討会」は、そのような問題意識のもと、日本や海外で活躍
するNPO・NGOの実践者と専門家たちによって結成されました。そして、2年間
にわたる議論の末に私たちが出した答えが、「エクセレントNPO」を軸に、強い市民
社会に向けた「良循環」をつくり出す、ということなのです。市民社会を強くするため
には、受け皿となる非営利組織こそが強くならなければなりません。非営利の世界で、
優れたNPOが課題解決を競って切磋琢磨し合い、そうしたエクセレントなNPOを
目指す競争が始まる。それらの活動が市民から信頼され、支えられていく――それを
軸として市民社会が強くなっていくような大きな変化こそが、今の日本の閉塞感を打ち
破り、未来を切り開くために必要なのです。
 「エクセレントNPO」とはまさに、市民社会を強くしていくためのモデルとなる
NPOのことです。私たちの提案は、この「エクセレントNPO」を軸として、強い市民
社会に向けた変化を促すしくみをつくるということなのです。「エクセレントNPO」
を判定するための評価基準は4月にも公表予定ですが、私たちは「社会変革」「市民性」
「経営の安定性」の3つのテーマとして考えています。
 社会の課題解決のために自発的に取り組む競争力を持つためには、持続的で安定的な
経営が不可欠です。そして、その活動は政府から自立し、市民による寄付やボランティア
という参加に支えられたものでなければならないのです。
 そうした「エクセレントNPO」の評価体系が市民社会の中で機能すれば、先ほど
言ったような課題解決のための競争と、そうした優れたNPOを目指そうする競い合い
が生まれるはずです。エクセレントなNPOが社会で信頼を獲得し、それを目指そうとする
社会のインフラが整えば、多くの市民の資源がそこに向かって動き出すことでしょう。
市民社会の中にそうした「良循環」が始まることで、非営利セクター全体の信頼の底上げ
につながり、非営利組織が強い市民社会の受け皿として機能する展望が見えてくるのです。

◆「強い市民社会」に向けた議論をここから始めたい

 私たちはこれまで行ってきた議論を踏まえ、まずは本日開催される日本NPO学会
のパネルで、この「良循環」をつくるしくみを提案します。そして、来月には公開シンポ
ジウムを開催し、「エクセレントNPO」の評価体系を公表しようと考えています。
私たちの提案を世に問うことで、「強い市民社会」に向けた大きな議論を始めたいのです。
 私には「今年こそ、新しい市民側の変化を起こしたい」という強い思いがあります。
編集委員会による議論をはじめ、市民社会の担い手たちとの対話なども行っていますが、
その内容はホームページやこのメールマガジンでどんどん公開していきます。
今回の提案をきっかけに、日本の非営利セクターを巻き込んで、「強い市民社会」のための
議論のうねりを起こしていきたいと考えていますので、ぜひいろいろな方に参加していただ
きたいと思います。
 また、このたび発売となったブックレット「『エクセレントNPO』とは何か」には、
NPO・NGO間で交わされた議論をはじめ、専門家や実践者の方々の発言も収録されて
います。とても斬新で、内容の濃い一冊に仕上がったと思っていますので、ぜひご覧ください。

 ▼ブックレットのお求めはこちらです
 → http://www.genron-npo.net/bookshop/books/npo.html

 ▼工藤の発言は「工藤ブログ」でもご覧になれます
 → http://www.genron-npo.net/kudo/

───────────────────────────────────
【言論モニター募集中!】あなたも「市民社会の論壇」に参加しませんか?
 詳細はこちら→ http://www.genron-npo.net/join/monitor.html
───────────────────────────────────
【言論NPOは健全な民主主義のための議論づくりを行っています】
・言論NPOの活動は皆さまからのサポートで成り立っています。
 寄付・協賛などのご協力をお待ちしております。
         → http://www.genron-npo.net/join/donation.html
・現在、編集ボランティアも募集中です
         → http://www.genron-npo.net/join/volunteer.html
───────────────────────────────────
【会員募集中!】
言論NPOでは、会員として活動や議論に参加してくださる方を募集しています。
また「メイト」(登録無料)の皆さまへは、言論NPOでの議論の内容や
活動情報についてお知らせします。フォーラムなどの開催通知をご希望のメール
アドレスに配信します。(携帯電話のアドレスでもご登録いただけます)
 会員制度についてはこちら→ http://www.genron-npo.net/join/member.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
 発行者 (認定)特定非営利活動法人 言論NPO 代表 工藤泰志
 URL http://www.genron-npo.net
 〒103-0027 東京都中央区日本橋1-20-7 電話: 03-3548-0511
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
このエントリーをはてなブックマークに追加

言論NPOの活動は、皆様の参加・支援によって成り立っています。

寄付をする

Facebookアカウントでコメントする


ページトップに戻る