メディア掲載

Yahoo!みんなの政治「マニフェスト講座」に寄稿しました(2006年6月26日号)

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

Yahoo!みんなの政治 Vol.19 小泉政権のマニフェストはどう評価されているの?(前編)  工藤泰志
マニフェストは、政党と有権者とを結ぶ「契約書」だと私たち言論NPOは考えています。政党は、有権者と約束(契約)した政策の実現に責任を持たなければなりません。また、マニフェストが契約書である以上、有権者はその内容をよくチェックしておかないと、せっかく選挙で一票を投じたのに、その約束が守られなかったり、考えていた政策と違う政策が実現されてしまうことにもなりかねません。

 

 マニフェストに欠かせない3つの必須項目

日本の政党は選挙のたびにマニフェストを公表するようになりました。しかし、その内容はまだまだ分かりにくいものです。

言論NPOが、マニフェストの内容評価と、選挙時に政党が約束した公約がどのように実行されたのかという実績評価に取り組んでいるのは、有権者の皆さんにマニフェスト=契約書を読み解くヒント(判断材料)を提供するためです。

では、これまでの小泉純一郎政権のマニフェスト評価は、一体どのような結果だったのでしょうか。小泉政権が誕生してからの約5年間、私たちは小泉政権のすべての政策を追跡し、マニフェスト評価を3回、実施・公開してきました。詳しい評価結果については次回に分りやすく説明したいと思いますが、3回の評価ではっきり分かったことは、日本の政党のマニフェストはまだまだあいまいな項目が多く、具体的な「契約書」の水準にまで至っていないということです。


▼ 続きはこちら (Yahoo!みんなの政治/マニフェスト講座)

このエントリーをはてなブックマークに追加

言論NPOの活動は、皆様の参加・支援によって成り立っています。

寄付をする

Facebookアカウントでコメントする

アクセスランキング

  1. 政治家を自分たちの「代表だと思わない」との回答が「代表だと思う」を上回る等、国民の政治不信が顕著で、特に若い層にその傾向が高まっている
  2. 言論NPOは、なぜ今、民主主義の議論に取り組むのか
  3. 日本は政治と有権者とのつながりを再構築するため、さらなる政治改革を始めるべき局面
  4. 目指すべき日本の代表制民主主義の姿を明らかにし、「正統性」と「実効性」を軸に点検を進める-代表・工藤と政治学者3氏が日本の民主統治の強化のための論点を整理
  5. 日本でも「代表制民主主義を機能させる改革」 に取り組む必要性で一致

言論NPOは多くの方のご支援や協力に支えられています

最近の記事

月別アーカイブ

ソーシャルでつながる

言論ブックショップ

未来選択:マニフェスト評価専門サイト

東京-北京フォーラム公式サイト

エクセレントNPO


ページトップに戻る