日本の課題を考える

主要5政党の分野別マニフェスト評価(100点満点)

このエントリーをはてなブックマークに追加
民主党のマニフェスト評価 総論 自民党のマニフェスト評価 総論 公明党のマニフェスト評価 総論 日本未来の党のマニフェスト評価 総論 日本維新の会のマニフェスト評価 総論
総合点 総合点 総合点 総合点 総合点
32/100 39/100 28/100 7/100 16/100
形式要件 実質要件 形式要件 実質要件 形式要件 実質要件 形式要件 実質要件 形式要件 実質要件
16/40 16/60 16/40 23/60 14/40 14/60 5/40 2/60 7/40 9/60


※民主党、自民党、公明党、日本未来の党の4党は、言論NPOの実施した基礎評価の結果に基づくもので ある。
※基礎評価とは、5つの指標(約束度、ガバナンス度、絞り込み度、課題への誠実度、正直度)の総合点と 公約の測定可能性に基づき、11党全てを対象にマニフェストが国民との約束になっているかを検証したも のである。
※基礎評価の結果、日本維新の会はマニフェスト評価の対象から外れたが、近年の注目度を考慮して、今 回特別に評価の対象とした。
※総合点とは、各党の11の政策分野を対象としたフェスト評価結果に基づき算出した、形式要件と実質要件の平均点の総和である(小数点は四捨五入)。また、総合点は100点満点、形式要件、実質要件へのそれぞれの配点は、40点、60点となっている。別途、「主要5政党の分野別マニフェスト評価」を参照。

⇒ この表の説明をみる


主要5政党の分野別マニフェスト評価(100点満点)

※配点は、形式要件に40点、実質要件に60点となっている。
※評価の視点等、詳細は各分野名をクリックしてご覧ください。
  民主党のマニフェスト評価 総論 自民党のマニフェスト評価 総論 公明党のマニフェスト評価 総論 日本未来の党のマニフェスト評価 総論 日本維新の会のマニフェスト評価 総論
総合点 総合点 総合点 総合点 総合点
形式 実質 形式 実質 形式 実質 形式 実質 形式 実質
⇒ 経済政策 38 50 32 5 23
16 22 18 32 12 20 5 0 7 16
⇒ 社会保障 37 29 38 5 29
20 17 15 14 18 20 5 0 15 14
⇒ 財政再建 46 39 9 0 21
24 22 22 17 6 3 0 0 4 17
⇒ 原発
エネルギー
37 35 26 35 11
18 19 16 19 15 11 20 15 11 0
⇒ 外交
安全保障
33 43 25 8 10
13 20 12 31 12 13 5 3 1 9
⇒ 市民社会 21 24 28 0 7
18 3 14 10 18 10 0 0 7 0
⇒ 震災復興 33 59 35 0 5
15 18 19 40 15 20 0 0 5 0
⇒ 教育 26 37 32 7 9
10.5 15.5 12 25 13 19 5 2 3.5 5.5
⇒ 農業 36 38 28 2 23
18 18 15 23 10 18 2 0 8 15
⇒ 地方分権 34 47 38 7 40
14 20 19 28 18 20 7 0 14 26
⇒ 一票の格差などの政治改革 20 30 16 11 6
14 6 15 15 16 0 6 5 6 0

※評価の視点等、詳細は上記各分野名をクリックしてご覧ください。
⇒ 評価の総論はこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加

言論NPOの活動は、皆様の参加・支援によって成り立っています。

寄付をする

Facebookアカウントでコメントする

Facebookアカウントがない人はこちらからご投稿下さい。

コメントする

この記事に[ 1件 ]のご意見・ご感想があります

投稿者 / 鈴木淳2012年12月10日 08:15

評価する皆さんお一人お一人は政党支持は中立ですか?個別の政策について中立ですか?そんなことはあり得ないです。だったら客観的なふりをして評価なんかするな?少なくとも公表するな。百害あって一利なしだ。

初めての方へ

「日本の課題を考える」の考え方、活動例

財政破綻の回避や急速な少子高齢化への対応といった日本が直面する課題に対して、今の政治は本質的な解決策から逃げている状況です。言論NPOは、政治家を選ぶ有権者の側が、この国の未来に対する当事者意識を備えなければいけないという考えのもと、政権や政党の政策が課題に向かい合うものになっているかどうかを定期的に評価し、有権者に判断材料を提供しています。

また、日本の将来像を見据えた政策を有権者の立場に立って議論し、政治に提案する取り組みの実現を目指しています。

アクセスランキング

  1. 【工藤ブログ】「平和と協力発展」を民間が先導していく対話に
  2. モーニング・フォーラム「国会改革で何を実現しようとしているのか」/ゲストスピーカー 小泉進次郎氏、小林史明氏、村井英樹氏、山下貴司氏 報告
  3. 10月の「平和宣言」に向け、日中両国間で本格的な議論が始動 ~「日中安全保障対話」を振り返って~
  4. 【対談】工藤泰志(言論NPO代表)×賈慶国(北京大学国際関係学院院長) なぜ今、日中間で「平和宣言」が必要なのか
  5. 日本の政治・民主主義に関する 世論調査

言論NPOは多くの方のご支援や協力に支えられています

カテゴリー一覧

ソーシャルでつながる

言論ブックショップ

未来選択:マニフェスト評価専門サイト

東京-北京フォーラム公式サイト

エクセレントNPO


ページトップに戻る