日本の将来を提言する

安倍政権通信簿は2.8点(5点満点)

このエントリーをはてなブックマークに追加

 言論NPOは参議院選挙を前に、安倍政権の実績評価を公表しました。全体の結果は5点満点中2.8点となり歴代政権の中でも最高の結果となりました。首相が参議院選挙に向けて「成果」を出すことに強いこだわりを持ったことがプラスに働いています。
 中でも、経済政策であるアベノミクスについては、政策を実行に移すだけでなく、実際の効果を意識したものと評価し、3.7点と最高点となりました。異次元の金融緩和、2年で物価上昇2%の達成を掲げるなど、市場に対する日本の見方を大きく変えたことはプラス評価ですが、アベノミクスによって目標が達成されるかは、現時点ではわからず、今後の政策を見守る必要があります。その他、経済に続く形で、教育、復興、外交分野で3点を超える結果となっています。

 一方で、財政政策や社会保障、エネルギーや農業政策については、どのような理念の下に政策がすすめられているのかが曖昧で、それぞれの政策がどのようなゴールに向けて動き出そうとしているのかが見えません。
 特に、財政再建については昨年のマニフェストには記載がなかったこともあり、J-ファイルや首相の所信表明・施政方針演説で補いました。「2015年度にプライマリー赤字のGDP比半減、2020年度まで黒字化、20年代初めには債務残高比を引き下げる」ことを、6月14日の「経済財政運営と改革の基本方針(骨太の方針)」で示しましたが、その具体策は選挙後の中期財政計画に先送りしました。
 その他、社会保障、エネルギー、農業の分野でも具体策は参議院選後に先送りされています。しかし、先送りされたことなどについては、国民へ十分な説明がなされたとはいえず、全体的に非常に低い評価となっています。

 なお、今回の評価は、2012年末の衆議院選挙で自民党が掲げた政策BANKの169項目から、Jファイル328項目、安倍総理の所信表明・施政方針演説なども踏まえながら、政策として評価できるものを11分野、70項目を抽出しました。それらの項目ついて、個々の政策が、その目的を実現する方向でどのように取り組み、動いているのかについて判断しました。さらに、動いていない場合や、政策を止めたり修正した場合には国民に説明したかどうかを判断基準としています。

判断基準

1点:未着手、または断念
2点:着手したが、実現の展望がなかったり、既に修正が行われているにもかかわらず、
   そのことが国民に説明されていない
3点:着手し、予定通り進んでいないが、一定の成果を上げている
4点:着手し、予定通り進んでいるが、目標を達成できるかは現時点では判断できない
5点:着手し、予定通り進んでおり、実現の方向に向かっている

各分野の点数一覧

安倍政権通信簿は2.8点(5点満点)
復興
経済再生
財政
教育
外交
社会保障
3.2
復興分野の評価詳細をみる
3.7
経済再生分野の評価詳細をみる
2.5
財政分野の評価詳細をみる
3.3
教育分野の評価詳細をみる
3.1
外交分野の評価詳細をみる
2.3
社会保障分野の評価詳細をみる
原発・エネルギー
地方再生
農業
政治・行政改革
憲法
3
原発・エネルギー分野の評価詳細をみる
2.6
地方再生分野の評価詳細をみる
2
農業分野の評価詳細をみる
2.9
政治・行政改革分野の評価詳細をみる
2
憲法分野の評価詳細をみる
【工藤ブログ】安倍政権の半年をどう評価するか
【毎日新聞掲載】言論NPO、安倍政権半年の実績を毎日新聞と共同評価
このエントリーをはてなブックマークに追加

言論NPOの活動は、皆様の参加・支援によって成り立っています。

寄付をする

Facebookアカウントでコメントする

Facebookアカウントがない人はこちらからご投稿下さい。

コメントする

この記事に[ 2件 ]のご意見・ご感想があります

投稿者 / ヤベ心臓2013年6月26日 11:06

ずいぶん偏った評価ですね。野球の読売中心主義と同じで、政治報道も自民中心主義なんですかね。

投稿者 / 長谷川長昭2013年7月 8日 17:24

安倍政権の経済政策は所詮「バクチ」です。投資ファンドや大企業・資産家は潤うでしょうが、一般市民は円安による物価高で苦しむばかりです。彼の一番のキャッチフレーズは『世界で一番企業活動の国にする」というものです。国民への視点はありません。また、福島原発の事故収束のメドも被災者の生活再建のメドもつかないのに、再稼動や輸出に乗り出すのはとても恥ずかしいです。世界の笑われ者になっています。点数をつけるならマイナス5点です。

初めての方へ

「日本の将来を提言する」の考え方、活動例

財政破綻の回避や急速な少子高齢化への対応といった日本が直面する課題に対して、今の政治は本質的な解決策から逃げている状況です。言論NPOは、政治家を選ぶ有権者の側が、この国の未来に対する当事者意識を備えなければいけないという考えのもと、政権や政党の政策が課題に向かい合うものになっているかどうかを定期的に評価し、有権者に判断材料を提供しています。

また、日本の将来像を見据えた政策を有権者の立場に立って議論し、政治に提案する取り組みの実現を目指しています。

アクセスランキング

  1. アジアも民主主義のあり方が問われる局面に直面している~日本、インドネシア、インド、韓国等5カ国のアジアの民主主義に関する世論調査結果を公表~
  2. 民主主義は信頼を取り戻せるか ―ハッサン・ウィラユダ元外相(インドネシア)は語る
  3. 不完全なものだからこそ、民主主義を強くするための不断の努力が必要 ~「第3回アジア言論人会議」第1セッション報告~
  4. 民主主義を機能させるため、絶え間なく点検を行う仕組みづくりを ~「第3回アジア言論人会議」第2セッション報告~
  5. 「第13回 東京-北京フォーラム」の開催に向けて着々と準備が進む

言論NPOは多くの方のご支援や協力に支えられています

カテゴリー一覧

ソーシャルでつながる

言論ブックショップ

未来選択:マニフェスト評価専門サイト

東京-北京フォーラム公式サイト

エクセレントNPO


ページトップに戻る