世界の課題に挑む

北朝鮮核問題の緊張にどこまで耐えられるか
国際協調で実効性のある経済制裁に向かうべき

このエントリーをはてなブックマークに追加

 北朝鮮の問題は、これまでの過去のほかの核開発とはまった異なる局面だということは考えたほうがいい。

 すでに北朝鮮は、核保有国であり、ミサイルに核が取り付けられるのも時間の問題である。これを認めてしまうことはNPT(核拡散防止条約)体制を完全に壊す、ことになるのは間違いない。トランプ氏の行動はこの局面の歯車を何段階も回したのは事実である。ただ、朝鮮半島の未来のシナリオを持っているとは現時点では思えず、大統領の行動が予想できないことが、緊張を高めている。この緊張にどこまで耐えられるのか、というのが、今の北東アジアの状況である。

 私は、これを機会に一気に実効性のある、経済制裁に向かうべきだと考えている。制裁はあくまでも、外交のためのツールだが、これまでの状況は、制裁そのものが戦略になり、しかも効果が極めて限定的なのに、だれもリーダーシップをとらなかった。それが今回は、制裁をツールとして活用するための戦略がわずかだが、見え始めた。

 私は、トランプ氏ができる、ギリギリのことは国境封鎖だと思っている。そこまで事態が緊迫するかは現時点ではあくまえも予想の範囲だが、軍事行動のコストはあまりにも重く、実行力を持った制裁による外交のアプローチしか、現時点で期待できない。

 私はこの点で中国の本気さを強く期待している。

 先週、北京に行って多くに人と議論したが、石油の停止が話題になっていた。瀋陽軍区を動員して国境沿いに軍を配置する、となると、その本気さが見えてくる。そしてロシアもこれには協力すべきだろう。北朝鮮の核開発を凍結させることができるか、まだ軍事によらない解決が可能なのか、それに世界が力を合わせる、今が重要な段階だと思っている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

言論NPOの活動は、皆様の参加・支援によって成り立っています。

寄付をする

Facebookアカウントでコメントする

Facebookアカウントがない人はこちらからご投稿下さい。

コメントする

初めての方へ

「世界の課題に挑む」の考え方、活動例

言論NPOは、世界各国が共有するグローバルな課題の解決に向け、世界の主要シンクタンクによる国際会議に参加して議論を行っています。こうしたネットワークを活用し、日本国内においても有識者と連携した議論形成を目指すと同時に、議論の内容を英語で公開し、日本の多様な意見を世界に発信しています。2016年には、国際シンポジウム「東京会議」を開催し、世界のシンクタンクと地球規模課題について議論を行います。

アクセスランキング

  1. 主要7政党のマニフェストは課題解決のプランとしては不合格~2017年衆議院選挙 マニフェスト評価 総論~
  2. 2017年衆議院選挙マニフェスト評価基準
  3. 「衆議院選挙で各党は日本の課題にどう向かい合っているのか」自民党編
  4. 「衆議院選挙で各党は日本の課題にどう向かい合っているのか」希望の党編
  5. 「衆議院選挙で各党は日本の課題にどう向かい合っているのか」公明党編

言論NPOは多くの方のご支援や協力に支えられています

カテゴリー一覧

ソーシャルでつながる

言論ブックショップ

未来選択:マニフェスト評価専門サイト

東京-北京フォーラム公式サイト

エクセレントNPO


ページトップに戻る