世界の課題に挑む

東京会議について

世界10カ国のシンクタンクの代表が東京に集まり、世界の自由と民主主義、北朝鮮の核問題について議論 ~3月10日(土)13時~「東京会議2018」のオープンフォーラム開催~

 「東京会議」は、昨年の3月に言論NPOが立ち上げたもので、世界が大きく変容する中、民主主義と国際秩序の将来、また、国際社会が直面している様々なグローバルイシューについて「自由」と「民主主義」や「多国間主義」に基づく国際協力という規範を共有するアメリカ、イギリス、ドイツ、フランス、イタリア、カナダのG7各国にインド、インドネシア、ブラジルを加えた10カ国の世界を代表するシンクタンクのトップが東京を舞台に議論する常設対話の舞台です。
 今年の「東京会議2018」の第1セッションでは「世界秩序の不安定化とリベラルな秩序の未来とG7の役割」、第2セッションでは「北朝鮮の核開発の排除と戦争回避のシナリオをどう描くか」をテーマに、私たちは自由と民主主義と規範を護る立ち位置から、いまある課題にどう対応し、そしてG7にどのような提案をしていくのか、世界10カ国のシンクタンクが集まり議論します。ぜひご参加ください。
 
 G7首脳会議への提言を採択しました 詳細な議論の模様はこの後随時報告します                         


不安定化するグローバル課題の今後をどう考えるか
      ~「東京会議」を前に4つのテーマで議論~

 トランプ政権が誕生して以降、アメリカはTPPから脱退し、COPの合意からも離脱するなど、これまでの多国間主義に消極的な態度を示し、G7やG20での多国間の協力に関して亀裂が表面化しました。
 その後、TPP11の合意や脱炭素革命が動き出し、難民問題についても国連で新しい動きが始まっていますが、今後、この問題がどう展開するか予断を許さない状況です。
 この間、トランプ政権によって不安定化しだグローバル課題の今後をどのように考えればいいのか、言論NPOは3月10日の「東京会議」を前に、世界の課題シリーズとして「自由貿易の今後」、「COPでの合意を踏まえた地球環境問題」、「難民問題」、そして「グローバリゼーションと世界秩序の今後」について議論しました。その議論の内容を公開しますので、ぜひご覧下さい。

[東京会議]カテゴリーの最新記事

2018/03/13 [ 東京会議東京会議(2018年) ]

東京会議2018 パネリストインタビュー

今後は日本国内だけでなく、世界のメディアも招くことが重要に 【フランス】 トマ・...


2018/03/12 [ 東京会議東京会議(2018年) ]

米朝首脳会談を前に、世界が北朝鮮にどう向き合うべきかを議論 -非公開第3セッション報告

 「東京会議2018」最終日の3月11日、北朝鮮の核問題をテーマにした非公開セ...


2018/03/11 [ 東京会議東京会議(2018年) ]

「東京会議2018」閉会式 報告

 公開フォーラムの最後に、「北朝鮮の核保有を容認するいかなる声にも賛同しない」な...


東京会議に関する記事をテーマ別に見る

初めての方へ

「世界の課題に挑む」の考え方、活動例

言論NPOは、世界各国が共有するグローバルな課題の解決に向け、世界の主要シンクタンクによる国際会議に参加して議論を行っています。こうしたネットワークを活用し、日本国内においても有識者と連携した議論形成を目指すと同時に、議論の内容を英語で公開し、日本の多様な意見を世界に発信しています。2016年には、国際シンポジウム「東京会議」を開催し、世界のシンクタンクと地球規模課題について議論を行います。

アクセスランキング

  1. 言論フォーラム「北朝鮮問題と日米の世論-国民の声で戦争を食い止めることができるか」報告
  2. 北朝鮮問題の解決を日米の両国民はどう考えているのか ー言論NPOと米・メリーランド大学の第一回日米共同世論調査
  3. 言論スタジオ「世界の自由貿易はどこに向かおうとしているのか」
  4. 言論スタジオ「COPから考える脱炭素社会」
  5. 言論スタジオ「難民問題を考える」

言論NPOは多くの方のご支援や協力に支えられています

カテゴリー一覧

ソーシャルでつながる

言論ブックショップ

未来選択:マニフェスト評価専門サイト

東京-北京フォーラム公式サイト

エクセレントNPO


ページトップに戻る