言論スタジオ

日本人留学生はなぜ減ったのか

このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年11月11日(金)収録
出演者:
鈴木寛(前文部科学副大臣、参議院議員)
丸山和昭(福島大学特任准教授)
村上壽枝(東京大学特任専門職員)
脇若英治(クリントン財団気候変動ヨーロッパ担当)

司会者:
工藤泰志(言論NPO代表)


放送に先立ち緊急に行ったアンケート結果を公表します。ご協力ありがとうございました。

 11月11日に行われた言論スタジオでは、「日本人の留学生はなぜ減ったのか」をテーマに、 鈴木寛氏(参議院議員、前文部科学副大臣)、丸山和昭氏(福島大学総合教育研究センター特任准教授)、村上壽枝氏(東京大学政策ビジョン研究センター特任専門職員)、脇若英治氏(クリントン財団気候変動ヨーロッパ担当)の4氏と工藤が討論を行い、単なる留学生の減少という現象から、日本の高等教育の課題、社会構造の問題点まで議論が及びました。

 まず、代表工藤から、2004年以降日本人の海外留学生が大幅に減っていることが問題提起され、留学生の増減について研究してきた丸山氏、村上氏からは、2004年からの4-5年で米国への留学生が半減している点、また中国・韓国の留学生数が増えている中で,日本の留学生の減少が顕著である点などが補足されました。

 工藤は言論NPOが事前に有識者200人を対象に行ったアンケート結果を報告し、そこでは回答者の約9割が、日本人留学生が減っていることに対して「深刻な影響がある」または「ある程度ある」と答えており、今回のアンケートには様々なコメントが寄せられるなど、この問題に対して深刻にとらえていることが分かりました。

 

議論は、留学生が減少した原因から 日本の高等教育の課題、社会構造の問題点まで

 留学資金の負担、就職活動でのデメリット、若者の内向き姿勢や能力の点が主に挙げられました。資金の面では、資金の面では08年のリーマンショック後経済が悪化した点、就職については就職活動のサイクルが合わない、留学しても企業にプラスの評価をされないなどの原因についてパネリスト間で意見が交わされました。

 留学生の減少の原因の中で一番議論になった若者の内向き志向や能力の低さについては参加者間でさまざまな議論がなされ、新興国の若者に比べ海外に出たいという意欲が低い、親も子も安定志向に走りがち、条件を選り好みをしすぎるなどの意見が挙げられました。また、能力の面では、脇若氏から小学校の早い段階から英語教育を徹底する必要性について語られました。

 その後、留学生を増やすための対策について議論がなされ、前文部科学副大臣の鈴木氏は、学費負担の面、就職の面をサポートするための政府の取り組みについて説明され、国が負担する資金の拡大や政財界の協力とともに進めている採用スケジュールの改正もありここ数年で大幅に環境が改善されたと強調しました。その一方で、鈴木氏は、今後の課題は、子供を海外に行かせたくない親の姿勢やリーダー、エリート層を尊敬しない社会の風潮であると指摘しました。

 アンケートではこの他にも様々な対策案が寄せられており、日本の大学を国際レベルに引き上げるべき、留学経験の活かし方を考えるべき、など様々な意見がありました。

 工藤は、日本、世界で、社会が大きく変わり、既存の仕組みに対する嫌悪感や信頼の低下が原因となり、自分の将来像を描けないのがそもそもの原因ではないかとの見方を示しました。しかしその一方で世界では社会の課題解決のために一生懸命取り組む若者の例を挙げ、世界では大きく価値観が変わっていると述べました。

 今回は、留学生の減少の原因と対策案の議論から、日本の教育での問題から、現代の若者の傾向、そして社会が求める人間像についてまで議論が及びました。

議論の全容をテキストで読む    

1 2 3 4 
このエントリーをはてなブックマークに追加

言論NPOの活動は、皆様の参加・支援によって成り立っています。

寄付をする

Facebookアカウントでコメントする

Facebookアカウントがない人はこちらからご投稿下さい。

コメントする

この記事に[ 1件 ]のご意見・ご感想があります

投稿者 / ss2682011年12月10日 16:01

◆別の方も中学・高校での留学についてコメントされていますが、パネルディスカッションでの議論が大学生での留学や大学のあり方に集中している点に違和感を覚えました。なぜ、大学での留学なのでしょう?なぜ、制度を変える必要があるのは主に大学なのでしょう?もし「中学生、高校生には留学は早いから」という主張があるのであれば、その主張は論拠に欠けます。中学、高校での留学であれば、国際感覚や英語を身に付けるという目的は果たせる、どころか、むしろ1年や2年のような短い期間での大学での留学よりはるかに有効です。そこから日本に戻って、大学に進学したり就職活動したりするのであれば、「就職活動が留学を妨げる」という事態も防ぐことができます。

◆「国際感覚や英語は、生産的な人間になるためのごく一部の要素であるに過ぎない」という意識を持つに当たっては、成人や大学生になってからの、1年ぐらいの留学ではもう、手遅れ、という観点もあるでしょう。

◆また、なぜ日本での就職、生活がディスカッション中、かなりの前提になっているのでしょうか?海外での就職のお話も一部出ていますが、「日本で、日本の大学の学生として、日本国内で、日本の企業に就職して、日本で家庭を持ち、日本で親の老後の面倒を見る」という日本で生まれた人たちに埋め込まれた潜在意識は、どこか一つだけ変更しようとしても、あらゆる社会システムがそのような変更を骨抜きにしてしまうのは当然のことと思います。Apple製品に囲まれた生活の中で、性能のいいSony製品を1つだけ持ち込んでも、逆に生活がしづらくなるのと同じようなことと思います。

◆インド人、中国人留学生での米国のみならず世界各地での急増に絡み、彼らの移民コミュニティの大きさについて、ディスカッションの中で触れられていないのも意外です。「外国ですでに生活している親族、知り合いがいる、母国語での生活インフラが既に整っている」というのは、親が子供の留学を決断する上でかなり大きな要素になります。インド人、中国人、韓国人の世界各地での移民コミュニティの大きさと比べれば、日本人のそれはほぼ皆無に近いだけでなく、存在していても既に本国の親戚たちとは疎遠になっているため、日本人の親は、ほかの国の親のように「気楽に、割とのほほんと子供から目を離すことが出来る」という状態にありません。

◆全体として、ディスカッションの問題意識が、解決策を示すに当たっての適切な形に整理しきれていない感がある、と印象を持ちました。

初めての方へ

「言論スタジオ」とは

言論NPOでは日本が直面する様々な課題について、有権者に判断材料を提供したり、様々な情報を共有する目的で、週に1回「言論スタジオ」と題したインターネット中継による議論を行っています。
その時々の重要テーマに関する有識者を複数名お招きし、アンケートの結果を踏まえながら、課題の本質に切り込む議論を行います。動画に加え、議論の内容はテキストでも公開されメールにより約7,000人の有識者に直接届けられています。

アクセスランキング

  1. 民主主義という問題に真剣に向かい合うきっかけに ~トランプタワー前からの報告~
  2. 不安定化する北東アジアでの民間外交の重要性 ~代表の工藤が笹川平和財団米国で講演~
  3. リベラルな国際秩序と民主主義を守るため日本が主導的役割を~米新政府関係者、有識者との協議~
  4. 専門家23名は安倍政権の4年をどう見たのか ー6分野の評価コメントを公開します
  5. 有識者208人が見た安倍政権4年の評価-~「首相としての資質」は5点満点で2.9点、「主要政策課題39項目の実績」は5点満点で平均2.59点~

言論NPOは多くの方のご支援や協力に支えられています

月別アーカイブ

ソーシャルでつながる

言論ブックショップ

未来選択:マニフェスト評価専門サイト

東京-北京フォーラム公式サイト

エクセレントNPO


ページトップに戻る