言論外交の挑戦

「第4回 東京-北京フォーラム」実行委員会 設立

このエントリーをはてなブックマークに追加

080304_top.jpg
 3月4日、東京・大手町のホテルにおいて、言論NPOが今年9月に開催を予定している「第4回東京-北京フォーラム」の第一回実行委員会が行われました。

 この委員会は、今年9月に開催される「第4回東京-北京フォーラム」の運営や準備を行うことを目的としており、日本の政界や経済界、メディアを代表する有識者38人が出席し、中国側からも江偉強中国国務院新聞弁公室国際局局長、高岸明チャイナデイリーインターネット版総裁の両氏が参加しました。

 第一回目となる今回の委員会では、まず冒頭で小林陽太郎実行委員長が「フォーラムの初心を踏まえたうえで広げていく必要がある。これまでのフォーラムに加えて、さらに中身の濃いものにしていきたい」と発言しました。また、中国側からは、今年は「日中友好平和条約締結30周年、そして中国の改革解放の設計者である鄧小平氏の訪日から30年という節目の年であり、このフォーラムをブランド力のあるフォーラムにしていきたい」(江偉強氏)、「本フォーラムでは、前回よりもメディア業界としてより多くの資源と人員を動員して望みたい」(高岸明氏)と述べ、第4回フォーラムに対する強い意気込みを語りました。

 そしてその後、代表工藤が今回のフォーラムの開催概要について述べました。第3回まで継続してきたミッションや成果を踏襲しながらも、公共外交としての定着と日中対話としての進化をテーマに7つの分科会を設定したい旨の報告がなされました。


 その後、実行委員との意見交換に移りましたが、この中ではフォーラムの形式や議論のあり方を前回までの反省点を活かしながらどのように進化、発展させていくべきかについて、参加者による活発な議論が行われました。その中には、「(全体会議等において)形式的な発言が目立つので、これらはなるべく減らしていくべきではないか」、「(政治家と学生との対話を常設対話として設置するというプランに触れて)思い切ってナショナリズムや満州事変の問題などをきちんとやった方がいいと思う。未来志向の確信があれば、こういう議論をやってもそう簡単には壊れはしないと思う」、「環境や食糧というテーマがあるが、その上で具体的に何を議論するのかというより詳細なテーマ設定が必要」などの意見が出されました。


 言論NPOは、これらを含め委員会で指摘されたすべての点について検討を重ね、4月中に「第4回東京-北京フォーラム」の詳細計画に固め、「第4回東京 -北京フォーラム」の成功に資する活動を継続していきます。なお、実行委員会の動きを含め、「第4回東京-北京フォーラム」の動向については、今後も随時公開していく予定です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

言論NPOの活動は、皆様の参加・支援によって成り立っています。

寄付をする

Facebookアカウントでコメントする

Facebookアカウントがない人はこちらからご投稿下さい。

コメントする

初めての方へ

「言論外交の挑戦」の考え方、活動例

言論NPOは、不安定な状況が続く東アジア地域の紛争を回避し、また国民相互の信頼関係を生み出すため、多くの人が当事者として課題を共有し、その解決に乗り出し、世論を動かす「新しい外交」に取り組んでいます。私たちはこれを「言論外交」と呼んでいます。

政府間外交が十分な機能を発揮しないなかで、言論NPOは、中国や韓国との間で民間レベルでの二国間対話を毎年実施するとともに、米国などを巻き込んだ多国間の民間対話を実現しています。

アクセスランキング

  1. 公開フォーラム「深刻化するイラン情勢をどう見るか」
  2. 公開フォーラム「日本で初めて開催されたG20サミットの成果とは」
  3. 国民の6割は政党や国会などを信頼していないと回答~民主主義に関する世論調査結果を公表~
  4. 【座談会】日本の民主主義を考える~「日本の民主主義に関する世論調査結果」を踏まえながら~
  5. 【座談会】2019年参院選挙の争点とは何か ― 社会保障政策 ―

言論NPOは多くの方のご支援や協力に支えられています

カテゴリー一覧

ソーシャルでつながる

言論ブックショップ

未来選択:マニフェスト評価専門サイト

東京-北京フォーラム公式サイト

エクセレントNPO


ページトップに戻る