言論外交の挑戦

「大国関係と国家主権の未来 ~ウクライナ問題を考える~」有識者アンケート

このエントリーをはてなブックマークに追加
議論「大国関係と国家主権の未来 ~ウクライナ問題を考える~」をみる
調査の概要

 言論NPOの活動にこれまで参加していただいた全国の有識者約6000人を対象に、2015年
5月8日から1日間の期間でアンケートの回答を依頼し、回答のあった101人の回答内容を分析した。


回答者の属性

※各属性で示されている数値以外は無回答の割合。この頁以降、数値は小数点第2位を四捨五入しているため、合計が100%とならない場合があります。


クリミア併合について、許されないとの回答が最多となるも、理解を示す声も

 昨年3月にクリミア自治共和国で行われた住民投票により、ロシアはクリミア自治共和国を併合しました。その後も、ウクライナ東部のドネツク、ルガンスク両州の親ロシア派支配地域を独立国家として承認する可能性を示唆する等しています。こうしたプーチン大統領の一連の行動をどのように考えるかを尋ねたところ、「軍事的脅威を背景にした『力による現状変更』であり、いかなる理由があろうとも許されない」との回答が43.6%で最多となりました。
 一方、「『力による』変更は許されないが、クリミアはロシアにとっては歴史的に特別な地域であり、かつ欧米側の指示でウクライナのEU加盟やNATO参加を阻止するためのやむを得ない対応とも理解できる」と、ロシアの行動に一定程度理解を示す回答も34.7%いることが分かりました。


クリミアの将来について、「『未承認国家』のまま存在する」との回答が最多

 次に、ロシアに併合されたクリミアの将来についてどのように考えているかを尋ねたところ、「ロシアの併合を世界が認めないまま、『未承認国家』のまま存在する」(42.6%)との回答が最多となり、「国際社会は併合されたクリミアを承認するか、国家承認しないまま関係を保っていく」(27.7%)との回答が続きました。
 一方、「ウクライナが力を回復し、強制的にクリミアとの統合を取り戻す」、「クリミアが平和的にウクライナの主権内に戻り、再統合が実現する」との両回答を選択する人はおらず、クリミアの将来については、現状が継続していくとの回答が多数となりました。


ウクライナ紛争は「長期化する」との回答が8割近くに上りました

 ウクライナとロシアの間で今年2月中旬、仏独両首脳の調停で停戦合意が成立しましたが、その後も局地的な戦闘が続いています。こうしたウクライナの紛争の見通しについて尋ねたところ、「長期化すると思う」(77.2%)との回答が8割近くとなり、「まもなく収束すると思う」との回答は5.0%にとどまりました。


ウクライナの今後の経済的な見通しは「不透明」との回答が最多に

 国際通貨基金(IMF)はウクライナ経済再建のため、総額175億ドル(約2兆1千億円)の追加金融支援を実施することで同国政府と暫定合意しています。こうした状況を踏まえて、ウクライナの今後の経済的な見通しについて尋ねました。最も多数を占めたのは、「国際的な支援を得ても経済再建は難しく、先行きは不透明」(70.3%)で7割を超え、「国際的な支援もあり、経済的には立ち直る」との回答は6.9%にとどまりました。「現時点では判断できない」との回答も15.8%と一定程度いることが分かります。


ウクライナ問題で、日本は積極的な役割を果たすべきとの回答が半数近くに

 最後に、ウクライナ問題について日本はどのように行動すべきだと思うかを尋ねたところ、「問題解決に向けたロシア・ウクライナの積極的な仲介や、東京で関係国会議を行う」との回答が26.7%となり最多となり、「ウクライナ自身が自立するため、経済的支援の積極的に対応する」(21.8%)との回答が続き、積極的な役割を果たすべきとの回答が半数近くに上りました。
 一方、「『力による現状変更』では平和的な国際秩序は困難であり、各国と対ロ制裁で足並みを揃える」との回答も2割を超えて存在しています。また、「北方領土問題などもあり、ロシアを刺激しないように消極的な対応でいい」との回答も16.8%と一定程度存在しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

言論NPOの活動は、皆様の参加・支援によって成り立っています。

寄付をする

Facebookアカウントでコメントする

Facebookアカウントがない人はこちらからご投稿下さい。

コメントする

初めての方へ

「言論外交の挑戦」の考え方、活動例

言論NPOは、不安定な状況が続く東アジア地域の紛争を回避し、また国民相互の信頼関係を生み出すため、多くの人が当事者として課題を共有し、その解決に乗り出し、世論を動かす「新しい外交」に取り組んでいます。私たちはこれを「言論外交」と呼んでいます。

政府間外交が十分な機能を発揮しないなかで、言論NPOは、中国や韓国との間で民間レベルでの二国間対話を毎年実施するとともに、米国などを巻き込んだ多国間の民間対話を実現しています。

アクセスランキング

  1. イタリアでのG7首脳会議に向けた緊急メッセージ
  2. 「東京会議」で岸田大臣が特別講演~外交政策のキーワードは「バランス」~
  3. 「ポピュリズムと民主主義の未来」~複合的な台頭の背景を徹底討論~
  4. 「グローバリゼーションと国際システムの今後」~その光を増し、影を消すには何をすべきか~
  5. 世界10カ国のシンクタンクトップが感じた「東京会議」と今後の可能性

言論NPOは多くの方のご支援や協力に支えられています

カテゴリー一覧

ソーシャルでつながる

言論ブックショップ

未来選択:マニフェスト評価専門サイト

東京-北京フォーラム公式サイト

エクセレントNPO


ページトップに戻る