言論外交の挑戦

言論NPOフォーラム 「アメリカ人の日本観、アジア観」 有識者アンケート

このエントリーをはてなブックマークに追加

調査の概要

 言論NPOの活動にこれまで参加していただいた全国の有識者約6000人を対象に、2015年
9月15日から4日間の期間でアンケートの回答を依頼し、回答のあった195人の回答内容を分析しました。


回答者の属性

※各属性で示されている数値以外は無回答の割合。この頁以降、数値は小数点第2位を四捨五入しているため、合計が100%とならない場合があります。


1.アメリカ人への信頼度

7割を超える有識者が、アメリカ人を信頼している

 アメリカ人に対して、「信頼している」(「大いに」「ある程度」の合計)と回答した日本の有識者は、75.3%と7割を超えている。他方、「信頼していない」(「全く」「あまり」の合計)は8.3%と1割に満たず、有識者のアメリカ人への信頼度は極めて高い。

問1.あなたは、アメリカ人を信頼していますか。【単数回答】


2.アメリカ人の国民性に対する評価

有識者のアメリカ人観は、「創造的で、正直、信用できるし、勤勉」だが、「個人主義的、利己的で好戦的」

 アメリカ人の国民性に関するプラスの評価で、最も多かったのは、「創造的」で、86.7%と有識者の9割近くに上っている。次いで、約7割が「信用できる」(68.8%)、「正直」(65.6%)、約5割が「勤勉」(49.8%)と認識している。その一方、マイナスの評価で最も多かったのは、「個人主義」の69.2%だった。次いで、6割近くが「利己主義」(59.0%)、約5割が「好戦的」(49.2%)と認識している。

問2.アメリカ人の国民性について、「A」「B」のどちらに近いと思いますか。【単数回答】


3.アメリカに対する基礎理解

有識者は「アメリカ」と聞いて、「多文化・多民族国家」「軍事大国」と思い浮かべる。日米関係に関するイメージは希薄。

 有識者が、「アメリカ」と聞いて思い浮かべるもので、最も多かったものは、「多文化・多民族国家」で55.4%だった。これに「軍事大国」が49.7%で続き、この2つが飛び抜けている。以下は、「自由の国」(29.7%)、「経済大国」(26.2%)、「人種差別」(27.2%)となっており、ここまでが2割を超えた。
 日米関係に関する事柄では、「日米安全保障条約」が最も多かったが、17.4%と2割を切っている。「広島、長崎への原爆投下」(10.3%)、「米軍基地」(6.2%)、「太平洋戦争」(3%)はいずれも1割程度である。

問3.あなたが、「アメリカ」と聞いて思い浮かべるものは何ですか。【3つまで回答】


4.貿易パートナーとしてのアメリカ

アメリカを「フェアな貿易パートナー」と考えている有識者は2割に満たない

 現在、交渉が進められている環太平洋パートナーシップ協定(TPP)が妥結した場合、日米貿易のさらなる拡大が予想されるが、貿易パートナーとしてのアメリカに対する日本の有識者の評価は芳しくない。アメリカを「フェア(公正)」な貿易相手国だと思うか尋ねたところ、「そう思わない」が37.9%と4割近くに上り、「そう思う」の17.4%を大きく上回っている。「どちらともいえない」と判断を保留する回答も42.6%あり、貿易という観点からは、現時点での有識者のアメリカに対する信頼度は低い。

問4.あなたは、アメリカをフェア(公正)な貿易相手国だと思いますか。【単数回答】


5.中国の台頭と日米関係

 有識者の約6割が、今後、日米関係が「より重要になっていく」と考えている
中国の軍事的、経済的な台頭が続く中、今後、日米関係が「より重要になっていく」と考えている有識者は、57.9%と6割近くに上っている。これに「変わらない」の26.2%を合わせると、8割以上が日米関係の重要性が、現状以下になることはない、と見ていることになる。「それほど重要ではなくなる」は8.2%と1割に満たなかった。

問5.中国の軍事的、経済的な台頭により、日米関係は今後どうなっていくと思いますか。【単数回答】


経済的な観点からも、アメリカを重視している

 日本にとって輸出入総額第1位の「中国」と、第2位の「アメリカ」を、経済的な重要性で比較してもらったところ、「どちらも同じくらい重要である」と認識している有識者が、54.9%と5割を超えた。ただ、「アメリカ」を選択した有識者も39.0%と4割近くおり、4.1%の「中国」を大きく上回るなど、アメリカへの傾斜が際立っている。

問6.日本は経済関係において、アメリカと中国のどちらをより重要視すべきだと思いますか。【単数回答】


6.日米の軍事的役割

 有識者は、日本の軍事的役割に対しては、慎重な態度を取っている
北東アジアの平和と安定のための日本の軍事的役割を「制限すべきである」と考えている有識者は55.9%と5割を超え、「より積極的な役割を果たすべきである」の24.6%をおおきく上回っている。

問7.あなたは、北東アジアの平和と安定を維持するために、日本はどうすべきだと思いますか。【単数回答】


8割を超える有識者が、アメリカの軍事的役割に対して期待している

 一方、日本と中国が軍事紛争に至った場合に、アメリカが軍事力を使用すべきか尋ねたところ、「場合による」が46.7%で最も多かった。次いで、「軍事力を使用すべきである」が36.4%となり、この2つを合わせると8割以上の有識者が、アメリカの軍事力行使を選択肢から排除していないことになる。「軍事力を使用すべきではない」は13.8%と1割程度にとどまった。

問8.あなたは、日本が中国と深刻な軍事紛争に至った場合、アメリカはどう対処すべきだと思いますか。【単数回答】


半数を超える有識者が、アジアリバランスを評価

 現在、アメリカが進める「アジアリバランス」についても、「好ましい」が55.9%と5割を超え、肯定的な評価が目立っている。

問9.現在、アメリカはより多くの軍事的資源をアジアに注力する「アジアリバランス」を進めています。あなたは、この「アジアリバランス」をどう評価しますか。【単数回答】


7.アメリカや日米関係に関する情報源

海外のニュースメディアが5割を超えている

 アメリカや日米関係に関する情報源では、「日本のニュースメディア」が83.6%と8割を超えている。ただ、「アメリカなど海外のニュースメディア」が54.4%と5割を超えており、日中有識者調査や、日韓有識者調査と比べても際立って高くなっている。

問10.アメリカや日米関係に関する情報を、あなたはどこから得ていますか。【3つまで回答】

このエントリーをはてなブックマークに追加

言論NPOの活動は、皆様の参加・支援によって成り立っています。

寄付をする

Facebookアカウントでコメントする

Facebookアカウントがない人はこちらからご投稿下さい。

コメントする

初めての方へ

「言論外交の挑戦」の考え方、活動例

言論NPOは、不安定な状況が続く東アジア地域の紛争を回避し、また国民相互の信頼関係を生み出すため、多くの人が当事者として課題を共有し、その解決に乗り出し、世論を動かす「新しい外交」に取り組んでいます。私たちはこれを「言論外交」と呼んでいます。

政府間外交が十分な機能を発揮しないなかで、言論NPOは、中国や韓国との間で民間レベルでの二国間対話を毎年実施するとともに、米国などを巻き込んだ多国間の民間対話を実現しています。

アクセスランキング

  1. 政治家を自分たちの「代表だと思わない」との回答が「代表だと思う」を上回る等、国民の政治不信が顕著で、特に若い層にその傾向が高まっている
  2. 言論NPOは、なぜ今、民主主義の議論に取り組むのか
  3. 日本は政治と有権者とのつながりを再構築するため、さらなる政治改革を始めるべき局面
  4. 目指すべき日本の代表制民主主義の姿を明らかにし、「正統性」と「実効性」を軸に点検を進める-代表・工藤と政治学者3氏が日本の民主統治の強化のための論点を整理
  5. 日本でも「代表制民主主義を機能させる改革」 に取り組む必要性で一致

言論NPOは多くの方のご支援や協力に支えられています

カテゴリー一覧

ソーシャルでつながる

言論ブックショップ

未来選択:マニフェスト評価専門サイト

東京-北京フォーラム公式サイト

エクセレントNPO


ページトップに戻る