言論外交の挑戦

日韓共同世論調査[ 日韓未来対話 ]について

日韓両国民は北東アジアの平和や朝鮮半島の未来、
日韓関係の行方をどのように考えているのか

    「第6回日韓共同世論調査」結果公表

 言論NPOは6月18日、6回目となる「日韓共同世論調査結果」を公表しました。調査結果から、韓国人では、非核化や北朝鮮との関係改善が進むと考えており、朝鮮半島の「統一」を希望する人が多い一方、日本人は非核化の実現や朝鮮半島の安定に懐疑的で、朝鮮半島の将来に関しても大きな変化を想像できていないなど、北朝鮮の核問題解決や朝鮮半島の未来で日韓両国民の認識に大きな差があることが明らかになりました。
         ⇒ 第6回日韓共同世論調査結果  /  ⇒ プレスリリース / ⇒ 記者会見
         ⇒ 【工藤論考】第6回、日韓共同世論調査を徹底的に分析する

座談会「第6回日韓共同世論調査結果をどう読み解くか」

 言論NPOは6月22日の「第6回日韓未来対話」を前に、5月に実施した「第6回日韓共同世論調査」の結果を公表しました。南北、米朝の対話が進む中、北朝鮮の非核化の成否と朝鮮半島の将来、さらにはその中で日韓関係が持つ意味を、両国の国民はどう考えているのか。調査結果からは、様々な興味深い傾向が明らかになりました。この結果をどう読み解けばいいのか、3人の専門家を招いて議論しました。 ⇒ 詳細はこちら

テーマ[日韓共同世論調査]のこれまでの記事

初めての方へ

「言論外交の挑戦」の考え方、活動例

言論NPOは、不安定な状況が続く東アジア地域の紛争を回避し、また国民相互の信頼関係を生み出すため、多くの人が当事者として課題を共有し、その解決に乗り出し、世論を動かす「新しい外交」に取り組んでいます。私たちはこれを「言論外交」と呼んでいます。

政府間外交が十分な機能を発揮しないなかで、言論NPOは、中国や韓国との間で民間レベルでの二国間対話を毎年実施するとともに、米国などを巻き込んだ多国間の民間対話を実現しています。

アクセスランキング

  1. 【工藤ブログ】「平和と協力発展」を民間が先導していく対話に
  2. モーニング・フォーラム「国会改革で何を実現しようとしているのか」/ゲストスピーカー 小泉進次郎氏、小林史明氏、村井英樹氏、山下貴司氏 報告
  3. 10月の「平和宣言」に向け、日中両国間で本格的な議論が始動 ~「日中安全保障対話」を振り返って~
  4. 【対談】工藤泰志(言論NPO代表)×賈慶国(北京大学国際関係学院院長) なぜ今、日中間で「平和宣言」が必要なのか
  5. 日本の政治・民主主義に関する 世論調査

言論NPOは多くの方のご支援や協力に支えられています

カテゴリー一覧

ソーシャルでつながる

言論ブックショップ

未来選択:マニフェスト評価専門サイト

東京-北京フォーラム公式サイト

エクセレントNPO


ページトップに戻る