民主主義を強くする

第6回エクセレントNPO大賞
受賞者協賛企業インタビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加

⇒ 「第6回エクセレントNPO大賞」表彰式 報告へ
⇒ 第6回エクセレントNPO大賞 総評へ
⇒ 「市民賞」審査講評全文へ
⇒ 「課題解決力賞」審査講評全文へ
⇒ 「組織力賞」審査講評全文へ

社員が安心して参加できる団体を選ぶために評価基準が役立つ

「第6回エクセレントNPO大賞」
協賛企業

大野茂樹氏
(住友商事株式会社 サステナビリティ推進部長)

聞き手:田中弥生氏
(「エクセレントNPO大賞」審査委員、大学改革支援・学位授与機構特任教授)


田中:「エクセレントNPO大賞」をご支援いただいている住友商事さんです。今回、昨年に続き表彰式にご出席いただいたのですが、どんな印象を持たれましたか。

大野:NPO、非営利団体というのはたくさん団体がいらっしゃいますが、我々は日ごろ、なかなか中身を知ることができません。しかし、ある一定の開発された基準で選ばれた団体の活動を聞かせていただくと、「こんな素晴らしい活動をされている団体がいらっしゃったのだ」ということを勉強させていただき、気づかせていただく、大変貴重な機会になっています。

田中:住友商事の社員の方でも「ボランティアをしてみたいな」という方もいらっしゃるようですが、「こういう団体であれば安心して紹介できる」というのはありますか。

大野:NPOはたくさん団体がいらして、活動も多岐にわたるのですが、趣旨であるとか規模であるとか、なかなか比べられない。「どういう団体に参加したらいいのか分からない」という社員も多いと思います。そういうときに、基準をもって評価された団体であれば、安心してかかわっていける、ということはあると思います。


前回の受賞団体と、社員との交流から
得た気づきとは

田中:昨年、大賞を受賞された「Learning for All」を会社に呼ばれて、社員の前でプレゼンテーションをされていましたよね。

大野:この取り組みに協賛させていただいているご縁で、昨年の受賞団体である「Learning for ALL」さんに住友商事に来ていただいて、社内で、もちろんボランティアベースですが、話を聞きたい社員を集めまして、お話をいただきました。皆、非常に熱心に聞いていまして、質疑応答も活発でした。企業に勤めながらも、仕事のほかに、セカンドキャリア、パラレルキャリアということで、社会貢献に興味がある社員が多いのだなということを、改めて実感させていただきました。

田中:これからもどうぞよろしくお願いいたします。そして、協賛企業と団体という関係だけではなく、いろいろな形で、社員の皆さんにもかかわっていただけたらと、期待しています。どうぞよろしくお願いします。

大野:こちらこそよろしくお願いいたします。ありがとうございました。

1 2 3 4 5 6 
このエントリーをはてなブックマークに追加

言論NPOの活動は、皆様の参加・支援によって成り立っています。

寄付をする

Facebookアカウントでコメントする

Facebookアカウントがない人はこちらからご投稿下さい。

コメントする

初めての方へ

「民主主義を強くする」の考え方、活動例

言論NPOは、日本の民主主義を機能させるため、政治の仕組みやメディアが抱える問題点を議論し、解決策を模索していきます。同時に、こうした課題に関して市民一人ひとりが学び、考え、国民的な議論が巻き起こるような仕組みづくりを目指しています。

また、日本の非営利組織が市民とのつながりを強化して、課題解決に自発的に取り組む市民の受け皿となることを目指し、体系的な基準のもとに優れたNPOを表彰する取り組みを行っています。

アクセスランキング

  1. 3/3(日)開催 世界10カ国で米中対立の行方と国際秩序の今後を議論する「東京会議」オープンフォーラム
  2. 北東アジア地域に多国間対話の舞台をつくり出す一歩に~「日米中韓4カ国対話」報告~
  3. 戦後70年を経て疲弊したシステムを日米両国が再構築し、主権国家としての責任を果たす局面に~「日米対話」第1セッション報告~
  4. 北東アジアの平和秩序実現に向けて、足元を固めつつ将来にも目を向けた議論を~「日米対話」第2セッション報告~
  5. 「第6回エクセレントNPO大賞」表彰式 報告~大賞は「がんサポートコミュニティー」

言論NPOは多くの方のご支援や協力に支えられています

カテゴリー一覧

ソーシャルでつながる

言論ブックショップ

未来選択:マニフェスト評価専門サイト

東京-北京フォーラム公式サイト

エクセレントNPO


ページトップに戻る