日本の課題を考える

「次の選挙で問われる社会保障制度改革とは」アンケート集計結果

このエントリーをはてなブックマークに追加

調査の概要

 言論NPOの活動にこれまで参加していただいた全国の有識者約2000人を対象に、2012年10月18日にアンケートの回答を依頼し、回答のあった人81の回答内容を分析しました。

回答者の属性


問1. 政府は、2015年までに消費税を段階的に10%に引き上げることを柱にした「社会保障と税の一体改革」を決定し、関連法案を2012年8月に成立させました。 あなたは、野田政権下で実現させた今回の改革は持続可能な社会保障制度への道筋を示した、と判断していますか。【単数回答、N=81】

その理由をお聞かせください。   ⇒回答ページへ


問2. 社会保障と税の一体改革で、消費税を2015年までに段階的に10%に引き上げることになりました。あなたは、今回の消費税増税についてどのような評価をしていますか。【単数回答、N=81】

その理由をお聞かせください。   ⇒回答ページへ


問3. 財政再建の目標として、2015年にプライマリー赤字の半減、2020年にプライマリーバランスの黒字化が掲げられています。あなたは今回の消費税増税は、日本の財政再建の道筋を示したと考えていますか。【単数回答、N= 81 】


問4. あなたは、今後も我が国の社会保障制度を持続させるために、年金の分野で何が必要だと思いますか。 【いくつでも回答可能、N= 81 】


問5. あなたは、今後も我が国の社会保障制度を持続させるために、医療の分野で何が必要だと思いますか。 【いくつでも回答可能、N= 81 】


問6. あなたは、次の選挙で、政治家や政党はこの社会保障の問題で何を明らかにしなければならないと思いますか。 【単数回答、N= 80 】


▲top

このエントリーをはてなブックマークに追加

言論NPOの活動は、皆様の参加・支援によって成り立っています。

寄付をする

Facebookアカウントでコメントする

Facebookアカウントがない人はこちらからご投稿下さい。

コメントする

初めての方へ

「日本の課題を考える」の考え方、活動例

財政破綻の回避や急速な少子高齢化への対応といった日本が直面する課題に対して、今の政治は本質的な解決策から逃げている状況です。言論NPOは、政治家を選ぶ有権者の側が、この国の未来に対する当事者意識を備えなければいけないという考えのもと、政権や政党の政策が課題に向かい合うものになっているかどうかを定期的に評価し、有権者に判断材料を提供しています。

また、日本の将来像を見据えた政策を有権者の立場に立って議論し、政治に提案する取り組みの実現を目指しています。

アクセスランキング

  1. 政治家を自分たちの「代表だと思わない」との回答が「代表だと思う」を上回る等、国民の政治不信が顕著で、特に若い層にその傾向が高まっている
  2. 言論NPOは、なぜ今、民主主義の議論に取り組むのか
  3. 日本は政治と有権者とのつながりを再構築するため、さらなる政治改革を始めるべき局面
  4. 目指すべき日本の代表制民主主義の姿を明らかにし、「正統性」と「実効性」を軸に点検を進める-代表・工藤と政治学者3氏が日本の民主統治の強化のための論点を整理
  5. 日本でも「代表制民主主義を機能させる改革」 に取り組む必要性で一致

言論NPOは多くの方のご支援や協力に支えられています

カテゴリー一覧

ソーシャルでつながる

言論ブックショップ

未来選択:マニフェスト評価専門サイト

東京-北京フォーラム公式サイト

エクセレントNPO


ページトップに戻る