言論スタジオ

領土紛争の解決と日中関係の今後

このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年10月3日(水)収録
出演者:
宮本雄二氏(宮本アジア研究所代表、前駐中国特命全権大使)
高原明生氏(東京大学大学院法学政治学研究科教授)
秋山昌廣氏(海洋政策研究財団会長、元防衛事務次官)

司会者:
工藤泰志(言論NPO代表)


議論に先立ち行ったアンケート結果を公表します。ご協力ありがとうございました。

 尖閣諸島問題を契機として日中両国関係の対立が深刻化した背景とそれをどう解決していくべきかについて、日中関係の専門家でこれまで中国の有識者と様々な対話を行ってきた3人が話し合った。
 3人共に、領有権の問題の解決は時期尚早であり、軍事的な衝突の回避のための日中双方の合意が必要な段階と判断している。平和解決には理性的、冷静な態度が不可欠であり、合意作りには政府だけではなく民間レベルでの対話の重要性も指摘された。


宮本雄二 宮本アジア研究所代表、前駐中国特命全権大使
京都大学法学部卒業後、外務省入省。アジア局中国課長、軍縮管理・科学審議官(大使)、駐ミャンマー連邦特命全権大使などを経て、2006年より駐中国特命全権大使。11年より現職。

高原明生 東京大学大学院法学政治学研究科教授
東京大学法学部卒業後、英国開発問題研究所博士課程修了。在香港日本国総領事館専門調査員、桜美林大学助教授、立教大学教授などを経て、05年より現職。

秋山昌廣 東京財団理事長、元防衛事務次官
東京大学法学部卒業後、大蔵省に入省。1991年に防衛庁に移り、防衛事務次官などを歴任。12年より現職。

工藤泰志 言論NPO代表(Discuss Japan編集委員長)

議論の全容をテキストで読む    

1 2 3 4 
このエントリーをはてなブックマークに追加

言論NPOの活動は、皆様の参加・支援によって成り立っています。

寄付をする

Facebookアカウントでコメントする

Facebookアカウントがない人はこちらからご投稿下さい。

コメントする

初めての方へ

「言論スタジオ」とは

言論NPOでは日本が直面する様々な課題について、有権者に判断材料を提供したり、様々な情報を共有する目的で、週に1回「言論スタジオ」と題したインターネット中継による議論を行っています。
その時々の重要テーマに関する有識者を複数名お招きし、アンケートの結果を踏まえながら、課題の本質に切り込む議論を行います。動画に加え、議論の内容はテキストでも公開されメールにより約7,000人の有識者に直接届けられています。

アクセスランキング

  1. 民主主義という問題に真剣に向かい合うきっかけに ~トランプタワー前からの報告~
  2. 不安定化する北東アジアでの民間外交の重要性 ~代表の工藤が笹川平和財団米国で講演~
  3. リベラルな国際秩序と民主主義を守るため日本が主導的役割を~米新政府関係者、有識者との協議~
  4. 専門家23名は安倍政権の4年をどう見たのか ー6分野の評価コメントを公開します
  5. 有識者208人が見た安倍政権4年の評価-~「首相としての資質」は5点満点で2.9点、「主要政策課題39項目の実績」は5点満点で平均2.59点~

言論NPOは多くの方のご支援や協力に支えられています

月別アーカイブ

ソーシャルでつながる

言論ブックショップ

未来選択:マニフェスト評価専門サイト

東京-北京フォーラム公式サイト

エクセレントNPO


ページトップに戻る