言論外交の挑戦

北東アジアの『平和』と『民主主義』[ 多国間対話 ]について

北東アジアの平和に向けた作業が始まりました

  言論NPOが準備を進めていた新しい対話、北東アジアに平和をつくるための対話が始まりました。まず、9月10日、中国の人民解放軍系のシンクタンクを主体とした訪日団との間で第1回目の議論が行われました。そして、10月末には米国の有力な専門家との協議も決まっています。  これらの協議を通じて、3年を目途にこの地域に平和を築くために対話の多国間の土台を民間レベルで必ずつくっていきます。
⇒「第1回日中安全保障対話」報告
⇒工藤ブログ「北東アジアの平和に向けて、日中間の対話の舞台が始まった ~第1回日中安全保障対話を終えて~」

テーマ[北東アジアの『平和』と『民主主義』]のこれまでの記事

2017/09/10北東アジアの平和構築に向け、中国の安全保障関係者と徹底討論

2017/09/06北東アジアの平和に向けた作業を開始します

2017/01/12不安定化する北東アジアでの民間外交の重要性 ~代表の工藤が笹川平和財団米国で講演~

2017/01/11新政権下での日米関係の安定に向けて
~民間外交として共和党幹部、米シンクタンクと協議~

2017/01/11北東アジアの平和に向けて、課題解決の意思を持つ世論を喚起し、政府間外交が動き出すための基礎づくりを~笹川平和財団での講演全文~

2016/02/02有識者103人が見た「北東アジアの平和」の現状と将来像

2016/01/29北東アジアの平和的な秩序構成と日本の役割

2015/09/17経済同友会産業懇談会講演 報告

2015/03/21北東アジアの平和的な秩序づくりのために民間の果たす役割とは

2015/03/21国際シンポジウム レセプション報告

2015/03/21国際シンポジウム記者会見 報告

2015/03/21【国際シンポジウム】言論外交はアジアの平和構築に寄与できるか ~北東アジアの平和的な秩序づくりのために民間の果たす役割とは~

2015/03/20日本とインドネシアはアジアの民主政治のために何ができるのか

2015/03/19「戦後70年 東アジアの『平和』と『民主主義』を考える」有識者アンケート

2015/03/19「戦後70年 東アジアの『平和』と『民主主義』を考える」有識者アンケート 記述回答編

2015/01/10「民主主義を機能させる」ための取り組みに手応え ~インドネシア報告2~

2015/01/09民間主導で民主主義を機能させるための新しい流れをつくり出せるか ~インドネシア報告~

初めての方へ

「言論外交の挑戦」の考え方、活動例

言論NPOは、不安定な状況が続く東アジア地域の紛争を回避し、また国民相互の信頼関係を生み出すため、多くの人が当事者として課題を共有し、その解決に乗り出し、世論を動かす「新しい外交」に取り組んでいます。私たちはこれを「言論外交」と呼んでいます。

政府間外交が十分な機能を発揮しないなかで、言論NPOは、中国や韓国との間で民間レベルでの二国間対話を毎年実施するとともに、米国などを巻き込んだ多国間の民間対話を実現しています。

アクセスランキング

  1. 主要7政党のマニフェストは課題解決のプランとしては不合格~2017年衆議院選挙 マニフェスト評価 総論~
  2. 2017年衆議院選挙マニフェスト評価基準
  3. 「衆議院選挙で各党は日本の課題にどう向かい合っているのか」自民党編
  4. 「衆議院選挙で各党は日本の課題にどう向かい合っているのか」希望の党編
  5. 「衆議院選挙で各党は日本の課題にどう向かい合っているのか」公明党編

言論NPOは多くの方のご支援や協力に支えられています

カテゴリー一覧

ソーシャルでつながる

言論ブックショップ

未来選択:マニフェスト評価専門サイト

東京-北京フォーラム公式サイト

エクセレントNPO


ページトップに戻る