民主主義を強くする

第7回エクセレントNPO大賞 受賞者インタビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加

⇒ 第7回「エクセレントNPO大賞」関連記事一覧

受賞を機に活動の発信を強化し、
職員の待遇、NPOの地位の向上につなげていきたい

「第7回エクセレントNPO大賞」
大賞・市民賞 受賞

佐藤抄氏
(認定特定非営利活動法人ジャパンハート 副理事長・事務局長)



―おめでとうございます。大賞受賞は予想されていましたか。

佐藤:全く予想していなくて、会場に来て名前を呼んでいただき、本当に喜びと驚きの気持ちでいっぱいです。


―講評でも説明があった通り、市民賞を受賞されましたが、それだけでなく課題解決力、組織力、どの評点においてもバランスよく高得点を取られていたのがジャパンハートさんでした。今回で2回目の応募ということですが、前回もノミネートされていて、評価の仕方について非常に熱心に質問をされていました。確かに、応募用紙を拝見していると、自己評価のクオリティが非常に上がったように思います。このあたり、何がコツだったのでしょうか。

佐藤:本当に細かいフィードバック、アドバイスをいただいたので、それに基づいてしっかりと、ないものを書くわけではなく、あるものをしっかり正確に伝えるということを意識して、複数人できちんと書類を記述させていただいたのが、良かったのかなと思います。


―我々はいろんな書類を拝見しているのですが、2回目の応募書類を拝見して初めて「こんなすごいことまでやっているのか」ということが伝わってきたのですね。もともと素晴らしい活動をされていたと思いますが、それを上手に、評価基準に乗せて、自分たちの実績、実態をよく表されていたのではないかと思います。
 あと、受賞の際、「まだまだNPO・NGOの社会的な地位が低いのではないか」とおっしゃっていましたが、この点についてもう少しお聞かせいただけますか。

佐藤:単純に、NPOやNGOで働く職員の、いわゆる生活水準というものが、私の団体もそうですし、他の団体さんとのお付き合いで話を聞いていても、企業に比べると厳しいところがあると思います。収入面であったり、周囲の理解であったり。働き盛りの方には、なかなか働きづらい待遇や環境になってしまっているので、どうしても人材の入れ替わりが激しくなってしまったり、「趣味の延長でやっている」みたいな見方をされてしまうような印象を、実際に会う人の中でも感じる部分があります。


―このあたりは、おっしゃっているように、いろんな団体と協力していきながら、NPO・NGOの社会的な地位を上げていく必要がありますね。

佐藤:はい、そう思っています。活動の大小を問わずに、きちんと自分たちがやっている活動を発信するという責任も、団体にはあると思いますし、そういったところを取り上げていただけるような機会を、今回いただきましたが、もっと多くいただければいいのではないかな、と思います。


―今回、受賞されましたが、今後の抱負をお聞かせください。

佐藤:活動の質を上げていくということももちろんですが、受賞のときにお話しさせていただいたように、うちで働くスタッフたちが、きっちり、自分の生活とか自分の幸せを近くに持っておきながら、支援に携われるような環境をつくっていきたいと思っています。福利厚生とか社内環境といった組織力を高めることにも、しっかり取り組んでいきたいと思っています。


―今後、ますます期待しています。今日はおめでとうございました。

佐藤:どうもありがとうございました。

1 2 3 4 
このエントリーをはてなブックマークに追加

言論NPOの活動は、皆様の参加・支援によって成り立っています。

寄付をする

Facebookアカウントでコメントする

Facebookアカウントがない人はこちらからご投稿下さい。

コメントする

初めての方へ

「民主主義を強くする」の考え方、活動例

言論NPOは、日本の民主主義を機能させるため、政治の仕組みやメディアが抱える問題点を議論し、解決策を模索していきます。同時に、こうした課題に関して市民一人ひとりが学び、考え、国民的な議論が巻き起こるような仕組みづくりを目指しています。

また、日本の非営利組織が市民とのつながりを強化して、課題解決に自発的に取り組む市民の受け皿となることを目指し、体系的な基準のもとに優れたNPOを表彰する取り組みを行っています。

アクセスランキング

  1. 政治家を自分たちの「代表だと思わない」との回答が「代表だと思う」を上回る等、国民の政治不信が顕著で、特に若い層にその傾向が高まっている
  2. 言論NPOは、なぜ今、民主主義の議論に取り組むのか
  3. 日本は政治と有権者とのつながりを再構築するため、さらなる政治改革を始めるべき局面
  4. 目指すべき日本の代表制民主主義の姿を明らかにし、「正統性」と「実効性」を軸に点検を進める-代表・工藤と政治学者3氏が日本の民主統治の強化のための論点を整理
  5. 日本でも「代表制民主主義を機能させる改革」 に取り組む必要性で一致

言論NPOは多くの方のご支援や協力に支えられています

カテゴリー一覧

ソーシャルでつながる

言論ブックショップ

未来選択:マニフェスト評価専門サイト

東京-北京フォーラム公式サイト

エクセレントNPO


ページトップに戻る