民主主義を強くする

緊急インタビュー
米大統領選の行方を日米の識者4氏はどう見ているのか

このエントリーをはてなブックマークに追加

緊急インタビュー
米大統領選の行方を日米の識者4氏はどう見ているのか

 現在、山場を迎えている米大統領選の行方は、国際秩序や民主主義の行方にも大きな影響を与えます。 そこで、「東京会議2020」のため来日した米国外交問題評議会シニアバイスプレジデントのジェームス・M・リンゼイ氏と、米国の政治や経済の動向に詳しい日本の識者3氏に、今回の選挙戦の行方や、選挙結果がもたらす影響を聞きました。

MHI_4600.jpg米国大統領選の今後を読む
ジェームス・M・リンゼイ(アメリカ外交問題評議会シニアバイスプレジデント)

MHI_4600.jpg2008年のような「熱意」がなければ、民主党は厳しい状況に
前嶋和弘(上智大学総合グローバル学部教授

MHI_4600.jpg現時点でトランプ大統領の再選と民主党勝利の可能性は半々
今村卓(丸紅経済研究所所長)


MHI_4600.jpg民主党が勝利するためには、党内の分断を乗り越え、中道派と左派がいかに政策の融合を図るかがポイントに
足立正彦(米州住友商事ワシントン事務所シニアアナリスト)

このエントリーをはてなブックマークに追加

言論NPOの活動は、皆様の参加・支援によって成り立っています。

寄付をする

Facebookアカウントでコメントする

Facebookアカウントがない人はこちらからご投稿下さい。

コメントする

初めての方へ

「民主主義を強くする」の考え方、活動例

言論NPOは、日本の民主主義を機能させるため、政治の仕組みやメディアが抱える問題点を議論し、解決策を模索していきます。同時に、こうした課題に関して市民一人ひとりが学び、考え、国民的な議論が巻き起こるような仕組みづくりを目指しています。

また、日本の非営利組織が市民とのつながりを強化して、課題解決に自発的に取り組む市民の受け皿となることを目指し、体系的な基準のもとに優れたNPOを表彰する取り組みを行っています。

アクセスランキング

  1. 政治家を自分たちの「代表だと思わない」との回答が「代表だと思う」を上回る等、国民の政治不信が顕著で、特に若い層にその傾向が高まっている
  2. 言論NPOは、なぜ今、民主主義の議論に取り組むのか
  3. 日本は政治と有権者とのつながりを再構築するため、さらなる政治改革を始めるべき局面
  4. 目指すべき日本の代表制民主主義の姿を明らかにし、「正統性」と「実効性」を軸に点検を進める-代表・工藤と政治学者3氏が日本の民主統治の強化のための論点を整理
  5. 日本でも「代表制民主主義を機能させる改革」 に取り組む必要性で一致

言論NPOは多くの方のご支援や協力に支えられています

カテゴリー一覧

ソーシャルでつながる

言論ブックショップ

未来選択:マニフェスト評価専門サイト

東京-北京フォーラム公式サイト

エクセレントNPO


ページトップに戻る